Fリーグ

【オーシャン杯】初の公式戦でFP荒牧太郎が感じた仙台に足りないもの 「じゃあ何をしないといけないのか」

[5.26 オーシャンカップ2018 2回戦 仙台 1-4 浦安 立川立飛]
全日本フットサル選手権を制したことがあり、スペインでプロとしてプレーした経歴もある。『若い』チームであるヴォスクオーレ仙台にとって、今季新たに加入したFP荒牧太郎の持つ経験は突出しており、キャプテンに就任したのもうなずける。
奇しくも、移籍後最初の公式戦で対戦した相手は古巣のバルドラール浦安だった。長い時間、プレーしてきた前所属クラブとの試合に感じることもあっただろう。先制しながらも逆転負けを喫した試合後、荒牧は「浦安に今後、負けないように、僕らもレベルアップしたいなとは強く感じました」と話した。

以下、バルドラール浦安戦後の仙台FP荒牧太郎選手のコメント
――今日の試合の感想を聞かせてください。
荒牧 ホセ監督が言っていることの補足じゃないですが、リードしたときの戦い方とか、1-0でこのまま試合が終わるはずがない。1-1になったり、1-2で逆転されたりするという話も、散々していました。でも、今日僕が気づいたのは、じゃあ何をしないといけないのか、1-0でリードしているときにどういうプレー、試合運びをしないといけないか。そこまで練習中からみんなに声をかけないといけませんし、ゲーム中に示していかないと。今まで勝ってきた経験が多いチームではありません。勝ち方、ゲームの運び方、相手がイヤがることとか、自分たちが苦しんだとしても、ゲームに勝つための苦しみなら、進んでやらないといけない。そのへんの経験がチームとして足りていないと、今日は強く感じました。

――仙台という新しい場所に来て、自身の役割はどういうものだと考えていますか?
荒牧 監督、スタッフと話しているのは、ゲームを読む力。そういうのがすごく欠けているのではないかと話しています。それは仙台の選手に限ったことではなく、日本の選手たちみんなそうだと思います。ゲームを読んで、それに応じた引き出しを開けていく作業が、特に仙台は足りていません。そのへんを伝えないといけない。本当は、その選択肢をホセも伝えているのですが、その意図を組み切れていない。ピッチの中で通訳じゃないけど、ピッチの中でもコーチがいるような感じで、そこを徹底させる必要があるなと痛感しています。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――古巣との試合でしたが特別な思いはありましたか?
荒牧 知っているメンバーも多くて、とはいえ新しくチームも生まれ変わっています。でも、大きな特徴の変化もなく、これからチームをつくっていく段階だと思うので。浦安に今後、負けないように、僕らもレベルアップしたいなとは強く感じました。

関連記事

  1. 【Fリーグ】柴田がハットトリックの府中が仙台を破って2連勝
  2. 【Fリーグ】日本代表に招集された浦安の2選手がコメントを発表 G…
  3. 【F2】今季最多1,203人を動員した北九州が4連勝! 15日に…
  4. 【Fリーグ】最下位に沈んだ大分の転換期となるか サテライト、U-…
  5. 【Fリーグ】北海道FP水上玄太がFリーグ4人目の通算200ゴール…
  6. [Fリーグ]豊島明監督就任の浜松が松本行令の復帰弾などで浦安に勝…
  7. 【選手権】シーソーゲームとなった仙台ダービー、ヴォスクオーレがF…
  8. 【日本代表】イラン遠征のメンバーが発表、FP室田祐希が10番に、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。