Fリーグ

【選手権】古巣・大阪と対戦を果たすも大敗した広島 村上哲也監督「これが現実。しっかりと受け止めたい」

[3.3 第24回全日本選手権 大阪 8-0 広島 岸和田]
第24回全日本選手権は3日に2回戦を各地で行った。岸和田総合体育館の第2試合では、Fリーグ・ディビジョン1のシュライカー大阪とFリーグ・ディビジョン2の広島エフ・ドゥが対戦している。試合は8-0で大阪が勝利。大阪は来週、東京で開催される準々決勝進出を決めた。

この試合は、昨シーズンから広島の指揮を執っている元日本代表の村上哲哉監督にとっては、古巣との一戦。高いモチベーションで試合に臨んだが、0-8という大敗に終わっている。

以下、試合後の村上哲哉監督のコメント
――ここまで大差の付く立ち上がりではありませんでしたね。
村上 スカウティングを完全にしていたところをやられてしまいましたね。セットプレーとかも。スコアについては、仕掛けた結果なので問題ないです。0-3になったので、リスクをかけないといけませんでしたし、リーグ戦ではないので、勝ち切ることを考えていたので。パワープレーはずっと練習していましたし、シュートまでもっていけていたのですが、最後の強度、シュートの質で、ある程度、差が出てしまったかなと思います。でも、前半のチャンスを先に決められていたら、気を付けていたセットプレーのところをワンフェイクで外されてやられたところ。でも、これが現実なので、これをしっかりと受け止めて。選手たちは来年、やってくれると思います。

――終盤には1点返せそうな場面もありましたが、GK檜山昇吾選手が止めまくりましたね。
村上 彼も日本代表に入って、成長していると思いますし、自信を付けたなと感じましたね。

――これでシーズンが終わりました。監督2年目はいかがでしたか?
村上 やっぱり地域リーグから全国リーグに初めて上がって、移動だったり、コンディション面は僕以上に選手たちが苦労したと思います。決してプロでもないので、そのなかで仕事と両立するのは大変だったと思います。でも、ある程度、持っていきかたとかは、この1年で経験できた部分があるので、来年は面白いのではないでしょうか?

――選手の補強についてはいかがですか?
村上 何人かが入ってくる予定ですが、これからも声をかけてやっていきたいと思います。

――チームの象徴であったFP三宅研司選手が今季限りで引退です。彼はチームにとってどういう存在でしたか?
村上 僕が正直、このフットサルにのめりこんだのも、研さんの影響が大きかったです。そういう選手がいなくなるのは寂しいですが、広島エフ・ドゥに15年いて、その魂は引き継がれていると思います。選手権も、今日出ていた選手たちのなかでは一番出場しているはずですよ。

――チームにとっても節目の一戦でしたね。
村上 もったいなかったですよね。どっちに転がってもという立ち上がりだったので。(稲田)瑞穂のところと(加藤)未渚実のところを抑えられていたので。ただ、セットプレーでやられるところが……。今日、試合前に言っていたことなのでね。

――日々やり続けて、習慣化しないと対応できないですね。連戦になると、2日目にF1のクラブに勝つというのは、難しそうですね。
村上 負荷はやっぱりかかりますからね。F2では2連戦ってありませんからね。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――ここで大阪と対戦できた感想を聞かせてください。
村上 2年前に、この全日本選手権を最後に現役を引退して、この場でこうして古巣と戦えるっていうのは、タイミングとして何かが起こりそうな感じはしていたんですけどね(笑)。でも、スクール生だった子供も声をかけてくれたりしたのは、選手を引退して2年がたちますが、すごく嬉しかったですね。 ――また、対戦できるように。広島が上がるしかないですね。
村上 そうですね。そうなれるように頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】立川・府中の頼れる攻撃的GKクロモト 田中俊則とのポ…
  2. 【Fリーグ】柴田がハットトリックの府中が仙台を破って2連勝
  3. 【選手権】神戸が浦安の反撃を凌ぎ切り、ベスト4に進出
  4. [女子選手権]3度目の正直! 福井丸岡ラックが日本一に輝く(写真…
  5. 【選手権】前回大会は1-9。浦安へのリベンジを誓うFP畠山勇気「…
  6. 【Fリーグ】記念すべきオールスター初得点者となったFP水上 「B…
  7. 【Fリーグ】FP堀内迪弥がハットトリック! 仙台が北海道に快勝で…
  8. 【Fリーグ】8選手で9ゴール! 連覇を目指す名古屋が浜松を圧倒し…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。