海外

【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第4回 インドネシアでの食事

こんにちは! インドネシアダイアリー第4話を書きたいと思います。

今は明日からの2連戦に向けて、ジョグジャカルタという街に来ています。名前的にジャカルタに近そうですが、全然遠いそうです。

 

さて、今回はインドネシアの食事について。

まず、インドネシアの食事は手を使って食べることもあります。

もちろんスプーンやフォーク、お箸もあるのでそれを使って食べることもできます。

手で食事をする際は左手ではなく、右手のみを使うそうです。

基本的にインドネシア料理は少し辛いものが多いですね。

めちゃくちゃ辛いものも多いですが、辛いものが苦手な僕でも食べれる程度の辛さの料理が多いです。

日本でもおなじみのインドネシア料理はナシゴレンだと思いますが、現地のナシゴレンはかなり美味しいです。

スラバヤに戻った初日のお昼にモールのフードコートでナシゴレンを食べましたが、美味しすぎてその後も何回か通っています。

値段も日本円で200円くらいなので、リーズナブルです。

いろんな場所やホテルなどでいろいろなインドネシア料理を食べていますが、美味しいものが多い印象で、食事には困っていません。

 

スラバヤには、吉野家、牛角、丸亀製麺などの日本食料理屋もたくさんありますので、日本食を食べることもできます。

また美味しいインドネシア料理があれば紹介したいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第6回 インドネシアでのオフ…
  2. 【新連載】ビバ!! フットボール・サラ 第1回 スペインリーグ序…
  3. 【ビバ! フットボール・サラ】第14回スペインプレーオフ準々決勝…
  4. 【AFC選手権】組み合わせが決定! 王座奪還を目指す日本はウズベ…
  5. 【フットサルW杯】大会10日目、決勝トーナメントがスタート! 開…
  6. 【Fリーグ】U-20タイ代表FPパナットがFリーグ移籍か?
  7. 世界王者アルゼンチンが来年1月の日本戦メンバーを発表、海外組を招…
  8. 【中嶋脩太郎のブラジル奮闘記】フットサルで一番大切なこととは?

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。