府中アスレティックFC

【海外】日本代表FP渡邉知晃のインドネシアデビュー弾がロンボク島シリーズのベストゴールに

府中アスレティックFCからインドネシアのBintang Timurへ期限付き移籍している日本代表FP渡邉知晃のゴールが、ロンボク島で開催されたインドネシアリーグ第7節・第8節のベストゴールに選出された。

10日にインドネシアに到着した渡邉は、翌11日に行われた第8節のBlack Steel戦に出場。Black Steelはタイ代表FPスパウットとFPクリッサダを擁し、ここまでリーグ戦無敗で首位を走っていた。その難敵との試合、2-2で迎えた後半18分、渡邉は右サイドを突破したFPアドムからのスピードに乗ったボールに反応。右足の踵で合わせて、シュートを流し込んだ。このゴールが決勝点となり、Bintang Timurは3-2で勝利。Black Steelに今季初黒星を付けるとともに、プレーオフ進出に望みをつなげた。

絶妙なポジショニングと、高いシュートテクニックを生かした渡邉らしいゴール。Fリーグ2017/2018で45得点を挙げて得点王に輝いた決定力は、インドネシアでも脅威となりそうだ。

このゴールについて渡邉は「カウンターからスピードに乗って相手陣内に押し込みましたが、そのままシュートまでは行けなかったので、一度右サイドに展開することになりました。そこでアドムが1対1の状況になったので、縦に突破するのか、中に突破するのかを見ていました。
アドムは縦に突破しましたが、その突破した角度的にセカンドポストまでは届かないと判断して、中央のポジションで待つことにしたんです。どうやってシュートを打つかは、向かってくるボールの軌道を見て判断しようと思いましたが、思ったよりも後ろに来たので、咄嗟にバックヒールで合わせることにしました。
ボールに勢いがあったので、その勢いを利用して枠に飛ばそうと思ってシュートを打ちましたが、良いところに飛んでくれたと思いますし、ゴレイロも反応するのが難しかったと思います」と、このゴールを解説。そして「バックヒールシュートで大事なのは合わせるタイミングだと思います」と、難易度の高いシュートのポイントを語った。

Yang belum nonton gol backheel @tomo130429 yang menjadi penentu kemenangan @bintangtimur.surabaya nih. Dari 1-10 kalian kasih nilai berapa nih gol? #PFL2018

A post shared by Bolalob.com (@bolalobfutsal) on

移籍後初ゴールで、インドネシアで良いデビューを飾った渡邉だが、「決勝ゴールを取れたことは非常に嬉しく思います。でも、ゴールを取れたことよりも、チームとしてプレーオフ進出のために負けられない試合で勝てたことの方が嬉しかったです。このゴール、この勝利が浮上のきっかけになればと思います」と、自身のゴール以上に、チームの勝利を喜ぶ。

リーグは12日から15日にかけて、第7節と第8節のロンボク島シリーズのベストゴールの投票を行ったが、渡邉の加入後初ゴールは、その候補4つの中に入っていた。そして15日には、渡邉のゴールが最も投票を集めてベストゴールに輝いた。

Bintang Timurは、次節、3月24日に3位のIPC Pelindo II Jakartaと、翌25日には第10節Kancil BBK Pontianak戦を行う。同じく日本代表FP森岡薫と渡邉の加入により、シーズン序盤の出遅れを取り戻そうとしているBintang Timurは、ここから巻き返し、プレーオフ進出を果たせるか。日本代表2人には、さらなるゴールと活躍が期待される。

関連記事

  1. 【U-20アジア選手権】5月の第1回大会の開催地がタイに決定!
  2. 【オーシャン杯】古巣との対戦に燃えるFリーグ選抜GK山田正剛「ア…
  3. 【Fリーグ】府中が最終戦で勝利もPOには届かず、大分はシーズン2…
  4. 【ビバ!! フットボール・サラ】第10回 中断明けの18節バルセ…
  5. 【オーシャン杯】エゴイストになって20秒での先制点と奇跡の決勝点…
  6. 【Fリーグ】開幕節と今後の補強動向を加味しての2017/2018…
  7. 【AFCクラブ選手権2017】サナイェ戦後、大阪FP今井翔選手コ…
  8. 浦安から渡西の深津孝祐、所属クラブがスペイン1部サラゴサに決定

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。