Fリーグ

【Fリーグ】9発快勝も名古屋FP吉川智貴は内容を反省「結果は良かったが、ダメなところが見えた試合」

[6.17 Fリーグ2018/2019 1浜松0-9名古屋駒沢屋内]
9-0。東海ダービーとなったアグレミーナ浜松との開幕戦に勝利し、しかもチームで唯一複数得点を挙げたにも関わらず、名古屋オーシャンズのFP吉川智貴は「ピンチも多かった。0点で抑えられたことが奇跡」と、チームの課題を見つめていた。
以下、浜松戦後の名古屋・吉川智貴選手のコメント
――今日はシュートを打てる場面に常にいた印象があるのですが?
吉川 まぁ、いる試合はいるでしょうし、いない試合はいないのかなと思います。点が入ったことはよかったです。監督からは「もう少し点を取れ」と言われているので、もうちょっといつもよりシュートの意識は強く持とうかなと思っています。でも、得点だけがすべてではないと思いますし……どうですかね。

――今日は退場者が出て34の数的不利になったところもポイントだったと思います。あそこで2分間を無失点で終えたことについては?
吉川 どうしても前半に5点取っていたし、早い段階で3点入ったので、気持ちのバランスが難しかった。みんなが「点を取りたい」「点を取りたい」となっていたので、結構、ピンチも多かった。逆に0点で抑えられたのが奇跡じゃないかというくらい。(GK関口)優志が相当、止めてくれていたので。実際にこのスコアが妥当かと言われたら、妥当ではないと。一人ひとりの気持ちの持ち方というか、点を取りたいのはわかりますが、それ以前にやらないといけないことがある。それをやってからではないと、話にならない。結果は良かったが、ダメなところが見えた試合なので、そんなに満足はしていません。

――数的不利の2分は、どういう思いをもっていましたか?
吉川 あの場面は……気合ですよね(笑)。相手が特殊なやり方をしてきたので戸惑った部分もありましたが、そんなにシュートチャンスをつくられなかったと思います。

――一人少ないことを感じさせませんでした。
吉川 そうですね。ある程度、良い対応はできたかなと思います。

――あの3人(吉川、星龍太、安藤良平)で守ると、危機管理がしっかりできますね。
吉川 ああいうところを守ることが、自分たち3人の役割だと思いますし、みんなが守備の場面で気を使える3人だと思うので。自分で言うのもおかしいですけど(笑)。

――あの場面でも声を掛け合いながら、試合の中でも修正しながらやっていました。
吉川 最初、ちょっと戸惑って「どうするんだ?」ってところもあったのですが、こうやろうとすぐに修正できたのが、すごく良いところかなと。逆にあそこで修正できなかったら、1点いかれたと思うので、まあまあ良かったかなと思います。

――9得点をしたものの、無失点はこだわるところだったのでは?
吉川 そうですね。(失点が)0点の限り、負けることは絶対にないので。失点が少ないチームは強いのがありますし、非常に良かったかなと思います。ただ、前半めちゃくちゃピンチがあったので。一人ひとりの気持ちの持ち方は、こういう試合でも大事になってくるのかなと。良い結果ではありますが、浮かれるのが一番ダメだと思いますし、反省点が非常に多い試合だったかなと自分ではとらえています。

――日本で開幕戦を迎えるのは久しぶりでしたね?
吉川 そうですね。でも、この年齢なのでね。試合も何試合やっているんだってくらいなので、開幕戦だからって特に感じることはなかったですね。

――特別な試合はあるんですか?
吉川 やっぱりプレーオフとか、そういう(タイトルが)かかった試合はギアが上がりますね。代表もそうですし。

――ただ日本に戻って1年間プレーすると、海外から戻った選手はパフォーマンスが落ちる選手が少なくありませんでした。それが吉川選手は落ちていないように見えます。名古屋の環境が可能にしている面もあると思いますが、ご自身で意識しているところもかなりあるのでは?
吉川 もちろん環境は非常に大きいと思います。スペインリーグに比べると、気持ちの持ち方は難しいところが正直あります。でも、そこのちょっとした意識が下がると、パフォーマンスもグッと下がってしまうかなとは思っています。

――さっきあった退場者が出た時間帯も、吉川選手と星龍太選手が走れば、ほかの選手たちもやらざるを得なくなりますよね。
吉川 そうですよね。上の選手がサボったら、自然とチームもダメになりますし、若い選手にも悪い影響しか与えないと思います。その辺は練習から一緒かなと思います。意識は高く持つというか、さらにうまくなろうという気持ちを持ちながら、常にやっています。

――星翔太選手のパフォーマンスはどうですか? かなりコンディションも上がっているように見えました。
吉川 コンディションは確実に良いと思います。浦安はたぶん、週に3回、4回しか練習ができませんが、それに比べたら練習の回数も多いですし、強度も全然違うと思うので。自然とああなってくるのかなと思います。

――今年の名古屋は例年以上に強いなという印象ですし、今季は4冠がかなり現実的な目標といえそうですね。前回のAFCクラブ選手権に出たときは、吉川選手は助っ人に近い形で戦力的には楽ではありませんでした。今年は「いけるぞ」という手ごたえがあるのでは?
吉川 いや……どうですかね。正直「いけるだろう」という気持ちはないですね。逆に相当頑張らないと厳しいだろうなという気持ちです。名古屋も外国人選手が一人しか出られない状況になりますし、今は外国人が3人いて、そこに頼っている部分も非常に頼っているところもあります。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

――でも、西谷良介選手、酒井ラファエル良男選手が帰ってきますよね?
吉川 そうですね。良いところまで行けるとは思いますが、そんなに絶対的な……自信は持たないといけませんが、甘い見通しはないですね。去年は出れていないですし、タイトルを取らないといけない、取りたいという気持ちは強いですよ。やっぱりあの大会も取りたいですよね。あれもちょっと特別な大会ですしね。優勝したときの喜びを知っているので、もう一回取りたいなという気持ちは強いです。でも、まぁ、頑張るしかないですね(笑)。

関連記事

  1. 【オーシャン杯】打倒・町田のキーマンとなるU-20代表候補GK田…
  2. 【Fリーグ】積極補強の府中、北海道のキャプテンFP酒井遼太郎の加…
  3. 【Fリーグ】平均年齢22.6歳の北海道、前半間際の失点で今季浜松…
  4. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 浜松vs府中 小田原ア…
  5. 【Fリーグ】名古屋のFP平田マサノリが全治3カ月の負傷
  6. 【Fリーグ】元花巻GK落合弘則が浦安のGKコーチに就任「闘う気持…
  7. 【Fリーグ】プレーオフ・ファイナルで散った町田 岡山監督「互角に…
  8. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 名古屋vsすみだ 後半…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。