海外

【フットサルW杯】ファルカンがマヌエル・トビアスを抜き、フットサルW杯の最多得点者に

worldcup logo

ブラジル代表のファルカンは、17日に行われたフットサルW杯2016コロンビアのグループステージ第3戦となるモザンビーク戦でハットトリックを達成した。2000年大会から、5大会連続でフットサルW杯に出場しているファルカンは、通算得点数を45に伸ばし、フットサルW杯の歴代最多得点者となっている。

フットサル界のスーパースターが、新たな歴史をつくった。00年大会のカザフスタン戦で代表初ゴールを決めたファルカンは、その大会で計6ゴールを記録。その4年後の台湾大会にはブラジル代表の絶対的なエースとして臨み、13ゴールを記録して大会得点王にも輝いた。個人として好成績を残したが、この2度の大会でファルカンは優勝を勝ち取れなかった。

その悔しさを晴らしたのが、08年にブラジルで開催されたフットサルW杯だった。ここで過去最多の15得点を記録したファルカンは、得点王こそロシア代表のプーラ(16得点)に譲ったが、母国を3大会ぶり4度目の優勝に導き、大会MVPにも輝いた。

ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ12年のタイ大会では、負傷に苦しめられて、本来のパフォーマンスを示せなかった。それでも、準々決勝のアルゼンチン戦で「キャリアで最も重要なゴール」と話す2つのゴールを決めると、決勝のスペイン戦でもゴールを決めた。総ゴール数こそ4得点と少なかったものの、大一番で力を発揮して、ブラジルの連覇に欠かせない存在となった。

00年大会から12年大会までのファルカンのゴール集 by FIFA.com

コロンビア大会の開幕までに38のゴールを刻んでいたファルカンは39歳となったが、前回大会よりも良い状態で、自身5度目の大会に臨んでいる。初戦のウクライナ戦(〇3-1)で1得点を挙げると、第2戦のオーストラリア戦(〇11-1)ではハットトリックを達成。第3戦のモザンビーク戦(〇15-3)でも3ゴールを重ねて、W杯の通算得点記録を計45ゴールまで伸ばし、43得点のマヌエル・トビアスを抜いて、歴代最多得点者となった。

すでに、今大会を最後にブラジル代表から引退することを明言しているファルカン。フットサルW杯の通算最多得点を塗り替えた12番は、3度のフットサルW杯優勝を勝ち取った史上初の選手となるべく、決勝ラウンドを戦う。

関連記事

  1. 【AFCクラブ選手権2017】アジアの舞台に戻った木暮監督の下、…
  2. 【親善試合】アルゼンチン代表ディエゴ・ジュストッシ監督 「日本が…
  3. 【AFCクラブ選手権2017】25日の練習後 大阪FPアルトゥー…
  4. 【フットサルW杯】イランに競り勝ったロシアが、初の決勝進出を決め…
  5. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第2回 インドネシアリーグ、…
  6. 【Fリーグ】2010-11シーズン得点王のFP山田ラファエルが府…
  7. 【アジア選手権】齋藤功一、清水和也のゴールで日本がバーレーンに勝…
  8. 【Fリーグ】他クラブとの競合の末に浦安がFP深津孝祐を獲得! 「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。