【AFCクラブ選手権2017】サナイェ戦後、大阪FP佐藤亮選手コメント「できる部分が本当に多かった」

[7.24 AFCフットサルクラブ選手権2017 大阪 2-3 サナイェ・ギティ・パサン]

――惜しい試合、もったいない試合になりましたね。
佐藤 そうですね。けが人がいる中で、現状いるメンバーで勝負にこだわったというか、できることを100%やりました。展開としては、先制もしましたし、粘り強く、最後の最後まで勝利を目指して戦ったのですが、そこの詰めの甘さが出てしまったかなというのがあります。でも、もう終わってしまったことで、ベスト8進出は決まっているので、ここで学んだことを生かしたいですし、次は決勝で再びサナイェとやることしか考えていません。あと3試合はタフな試合になると思います。

――2失点目の場面は、小曽戸選手の横パスを中央で相井選手が受けられなかったような形になったと思いますが、あれは何が起きたのでしょうか。
佐藤 イランの弱点が真ん中でボールを受けるところでチャンスにつながるという話がありました。あの時間帯は、そこをもっと使っていこうという話をしていた中で、ノブさん(小曽戸)はあそこを使いたかったし、忍(相井)はあそこでタイミングが合わなかったので抜けようとした。ミスコミュニケーションだったかなと思いますが、ああいうミスが起こると苦しくなるかなというのはありますね。

――最後の失点も今井選手のパスをさらわれる形になりました。
佐藤 サポートがなかったのもありますし、得点を取りに行っている中で、リスクをかけているところもあります。仮にこれが決勝だったら、あそこまでリスクをかけなかったかもしれません。

――この試合は2-2では、大阪は1位抜けができませんでしたからね。
佐藤 そうです。でも、できる部分が本当に多かったと思います。

――しかも、アルトゥール選手抜きでした。
佐藤 そうですね。それは日本人選手の自信にもなると思いますし、ただ、やってはいけないミスは直接、結果にかかわってくると思うので。今日はノブさんがそこにかかわってしまった部分がありますが、そこは経験ある選手が中心になって、引っ張っていかないといけないと思います。

――次はチョンブリが濃厚です。
佐藤 そうですね。全部決勝戦くらいの気持ちでやるしかありません。チョンブリは、試合を見た感じ、コンディションも良いですし、テクニックもアジアの中でトップレベルにいる、タレントのある選手もいます。タイプ的には日本と、Fリーグのチームと似ているので、とにかく決勝を目指して一戦一戦頑張ります。