コラム

【ビバ!! フットボール・サラ】第10回 中断明けの18節バルセロナダービーはドロー、上位3チームもドロー

スペイン18節は熱戦が目白押しだった。約2週間のクリスマス休暇で、選手たちは英気を養っていたのか。もしくは試合に飢えていたのか。本拠地を同じバルセロナとサンタ・コロマの“ダービー”は、プレーの強度が高く、ひとつひとつのプレーがシビアだった。
バルセロナの“ダービー”同様に1位インテルと4位オサスナ・マグナのゲームも熱戦だった。合計12ゴールが生まれた。華麗な打ち合い、一大スペクタクルだった。
上位2チームが引き分けたことで、3位エルポソは勝点差を埋めたかったが、サラゴサと引き分けてしまった。
ちなみに今節は、昨季まで名古屋オーシャンズに在籍したサンタ・コロマのシンビーニャ、インテルのセルジーニョが得点を決めている。

18節注目ゲームハイライト:
バルセロナ対サンタ・コロマ戦ハイライト

サンタ・コロマの先制点、バルセロナの同点弾の共通点は、約15メートルくらいからのミドルシュート。他にも決定機の場面で目立ったのが、中距離砲だ。ゴール前までボールを運び、ディフェンスを崩すしてのパスワークからの得点も美しいが、それだけではディフェンスは全く怖くない。シンプルなミドルシュートで脅威を与えられれば、ディフェンスは前に出て、さらにパスワークが効いてくる。ミドルシュートの重要性を再認識させられるゲームでもあった。全ての選手がゴールを狙わなければいけないフットサルは、どの選手も相手を脅かすミドルを打てなければいけない。

インテル対オサスナ・マグナ戦ハイライト

“カウンターのカウンター”など速攻から得点も多いが、両者のパスワークも見事だ。インテルはボールを保持しながら決定機を伺い、最後の個のタレントで打開する。オサスナ・マグナは4点目のエリックのロングパスを受けたラファ・ウシンが流し込んだように、パスを回していても、縦に速い攻撃に重点を置いている。攻守の切り替え、カウンター、セットプレー、パワープレー。スペクタルくだが、大量得点が生まれがゆえに好ゲームになったわけではない。ひとつひとつのプレーに見るべきものが多いから偉大な試合となった。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

Text and Photo by Kenji ZAMA

関連記事

  1. 【日本代表】イラン遠征を振り返るブルーノ監督「AFCフットサル選…
  2. 【フットサルW杯】大会5日目、ブラジルがシュート103本11ゴー…
  3. 【Fリーグ】U-20タイ代表FPパナットがFリーグ移籍か?
  4. 【選手権】2年連続3冠の名古屋 ペドロ・コスタ監督が退任をFP酒…
  5. 【海外】ベナンシオ氏がスペイン代表監督を退任、テクニカルディレク…
  6. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】第4回 インドネシアでの食事…
  7. [アジア選手権予選]AFCの規定変更により大会登録が認められなか…
  8. 【フットサルW杯】ミゲル・タイがキューバに逆転勝利! ポルトガル…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。