コラム

【ビバ! フットボール・サラ】第13回 UEFAフットサルカップレビュー・インテルが連覇達成

欧州連覇を達成したインテル。無類の強さを示した。

インテルが、欧州連覇を達成した。2シーズン連続で引き立て役に回ったスポルティング・リスボンのサポーターでさえ、潔く敗戦を受け入れざるえない内容と結果だった。

インテルは決勝戦ではヘスス・ベラスコ監督が好むクアトロゼロとピヴォを置く3-1のシステムを併用し、ポルトガル王者を攻め立てた。クアトロゼロではリカルジーニョが味方のブロックのアシストもあり、右サイドからカットインし、強烈な勝ち越しゴールを叩き込み、同点に成功したスポルティングの勢いを削いだ。スポルティングは、得点を決められる前にも小柄な同胞にカットインを許し、シュートをバーに当てられていたが、全く同じ形から2度目は失点をした。リカルジーニョは2シーズン連続で決勝戦のMVPに選出されたことが実証しているが、この夜の彼をディフェンスは解っていても止められなかった。3-1のシステムではブラジル人ピヴォのエリサンドロがそのポストプレーで先制の起点となり、自身はピヴォの真骨頂である反転から3点目を豪快に叩き込んでいる。

インテルのブラジル人ピヴォ、エリサンドロが中央突破を試みる

振り返ってみれば、準決勝のスペイン勢同士の対戦は、本当に“事実上の決勝”となった。前半はスペイン国外の審判が裁いたこともあり、ボディコンタクトにとても寛容だった。悪く言えば、ルールに忠実だった。40メートル×20メートルではなく、105メートル×68メートルの中で行われていても遜色なかった。後方からの激しいスライディングタックルは当たり前で、スキルではなく、アスリートのフィジカル能力を全面に押し出して互いが文字どおり削り合っていた。現代フットサルの最先端を両者は体現した。その肉弾戦で、突出したスキルで違いを生み出していたのが、インテルの10番だ。視野の広いダイレクトパス、細かいボールタッチからのドリブル突破やタメをつくったり、約1万人が詰めかけた会場を大いに沸かせたのは、やはりリカルジーニョだった。

決戦はディティールで決まる。この日もそうだった。インテルは、キャプテンのオルティスが予期せぬタイミングで自分に向かってきたボールを2度押し込んだ。1点目は、2008年ワールドカップ決勝のコーナーからの事故のようなブラジルの先制点を想起させるが、大事な試合でのゴールはそういう説明のつかないものが多い。シリアスなゲームはそういうディティールが勝敗を左右する。

インテルのブラジル人ピヴォ、エリサンドロが中央突破を試みる

欧州を連覇したインテルは、現在スペインリーグも4連覇中だ。リカルジーニョが加入してからスペインの盟主は、新たな黄金期を築いている。スペイン紙「マルカ」は現在のチームを、2002-2009シーズンの“マキナ・ベルデ(完璧なマシンのようなプレーをする緑の集団という意味)”と呼ばれ、ルイス・アマド、シュマイケル、マルキーニョ、ダニエルらを擁した黄金期のチームと比較する。2002年から2009年の間にインテルはリーグ5連覇をし、欧州王者に3度輝いた。同紙は読者にインターネット投票を促し、4月27日時点では2,177の有効票の内、59パーセントが「今のチームは“マキナ・ベルデ”のレベルにある」と回答している。現在のインテルは、フットサル史に名を残すチームだ。

だが、今ある黄金期もエースの移籍と共に終焉を迎えるかもしれない。

4月27日、ポルトガル紙「ア・ボラ」の電子版が「スポルティング・リスボンがリカルジーニョに4年で500万ユーロ(約6,6億円)」と報じた。記事はこう伝えている。インテルで決勝に敗れたスポルティング・リスボンは、32歳のリカルジーニョを獲得するために150万ユーロ(約1,9億円)の移籍金を支払い、さらに同選手に現在のサラリーの約2倍となる4年契約で総額500万ユーロの給与をオファーした。リカルジーニョは名古屋オーシャンズに加入する前にベンフィカでプレーし、クラブ史上初めての欧州王者をもたらしている。それゆえにスポルティングのサポーターは、決勝戦ではリカルジーニョがボールを持つとブーイングを飛ばしていた。その野次が、来夏には歓声に変わっている可能性は高いようだ。

UEFAフットサルカップ決勝
スポルティング・リスボン(ポルトガル)2
インテル(スペイン)5
[得点経過]
0-1 ガディア(インテル)2分
1-1 カビィナト(スポルティング)7分
1-2 リカルジーニョ(インテル)9分
1-3 エリサンドロ(インテル)13分
1-4 ラファエル(インテル)22分
2-4 ディオゴ(スポルティング)36分
2-5 ポラ(インテル)39分

ハイライト動画:

UEFAフットサルカップ準決勝
インテル(スペイン)2
バルセロナ(スペイン)1

[得点経過]
1-0 オルティス(インテル)3分
1-1 エスケルジーニャ(バルセロナ)28分
2-1 オルティス(インテル)31分

ハイライト動画:

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【練習試合】チョンブリに勝利した立川・府中FP皆本晃「個で崩され…
  2. 【スペイン】エルポソBは3-2でリバスに勝利、FP清水和也はノー…
  3. 【VIVA!フットボールサラ】“エル・クラシコ”伝統の一戦を制し…
  4. 【ビバ!! フットボール・サラ】第5回 第13節インテルがアウェ…
  5. 【ビバ!! フットボール・サラ】第7回 第15節スペインカップ最…
  6. 【スペイン】エルポソBは2点のリードを守り切れず。日本代表FP清…
  7. 【AFCクラブ選手権2017】25日の練習後 大阪FPアルトゥー…
  8. 【Fリーグ】エルポソ移籍の日本代表FP清水和也が移籍会見 「自分…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。