コラム

【VIVA! フットボールサラ】第15回 清水和也が移籍したエルポソ・ムルシアとは?

日本代表FP清水和也がフウガドールすみだからエルポソ・ムルシアにレンタル移籍した。
2部でリーグを戦うエルポソ・シウダード・デ・ムルシア(通称:エルポソB)からのスタートになる。
トップチームの陣容は、スペイン、ブラジル代表が名を連ねる。フットサル大国スペインをけん引する名門クラブのひとつだ。
清水和也のレンタル先は、どんなチームなのか?

リーガを代表する名門エルポソ

エルポソは、インテル・モビスター同様にスペインを代表する名門のひとつだ。

ポルトガル代表FPリカルジーニョ擁するインテルがリーグ5連覇し、最近3シーズンのプレーオフ決勝がインテル対バルセロナとすっかりお決まりのカードになってしまった感があるが、エルポソが依然として歴史ある強豪であることに変わりはない。

1989年に始まったリーグにおいて、エルポソは初年度から今日に至るまで常にタイトルを争ってきた。30年前からスペイン、ブラジルのフットサル大国を代表する優秀なタレントを集め、優勝争いを繰り返している。20002004年にスペイン代表としてワールドカップを制覇したスペイン代表FPキケ、2008年ワールドカップを制覇したブラジル代表キャプテンのFPヴィニシウスとセレソンの不動のピヴォであったFPレニージオ、スペインのフットサル創世記にアクロバティックなゴールでスタンドを沸かせた元スペイン代表FPパウロ・ロベルトなど数々の名手がエルポソのユニフォームに袖を通してきた。そしてクラブは、最多優勝の12回のインテルに次いで、5度のリーグを制覇している。フットボールにおいて、“エル・クラシコ(世紀の決戦、伝統の1戦)”といえばレアル・マドリード対バルセロナだが、フットサルではインテルとエルポソが対峙する時に“エル・クラシコ”と呼ばれる。同国のフットサルの歴史を語る上で、エルポソは不可欠なクラブだ。

世界一の監督とともに再出発をはかるエルポソ

今シーズンからエルポソを率いる40歳のアルゼンチン人指揮官ディエゴ・グストシィ。2016年ワールドカップで母国を世界1に導いた

エルポソにとって、今シーズンは変革の年となる。指揮官が変わった。

2001-2002シーズンからチームを率い、4度のリーグ制覇をもたらしたドゥダが昨シーズン限りで退団した。エルポソの選手としても活躍したブラジル人指揮官は、キケとヴィニシウスを中心に黄金期を築き、国内のタイトルを総なめにしたが、最近3シーズンはプレーオフ決勝にもたどり着けずにいた。

スペイン代表FPアレックス、ブラジル代表FPマテウスなど、下部組織にいる若いタレントを育て上げ、トッププレーヤーにするなど数々の偉大な業績を残した名将の後を引き継ぐのは、アルゼンチン人のディエゴ・グストシィだ。

現役時代はイタリア、スペインのクラブで活躍。2004年、2008年ワールドカップに出場し、母国の代表キャプテンも務めた。現役引退直後から指導者へ転身し、2013年末からアルゼンチン代表監督に就任した。彼の就任と同時にアルゼンチン代表は多くのタイトルを手にする。2014年にクウェートで行われたコンチネンタルカップ、2015年にエクアドルで開催された南米選手権を制覇すると、2016年にはコロンビアで開催されたワールドカップで世界王者の座を勝ち取った。

コートにいる全員が自分の役割をきっちりと理解した上でハードワークを行う。そんな規律あるディフェンスとボールを奪ってからの無駄のないショートカウンター。突出した個性も世界的なスターもいなかったが、ディエゴは、中期的なプロジェクトに沿って、計画的にチームを戦う集団に変貌させ、世界王者に導いた。

久しくリーグタイトルから離れているエルポソにおいて、母国を世界の頂点に導いた手腕に期待が集まるのは当然だ。ベテランのスペイン代表FPミゲリン、アレックス、ゴレイロのファビオ、そして26歳のブラジル代表FPピト、クロアチア代表FPマリノビッチ、そして日本代表の清水といったタレントを、アルゼンチン人指揮官がどう活かすのか。インテルの牙城を崩す存在として、エルポソは例年以上の高い注目と期待を集めている。

関連記事

  1. 【フットサルW杯】小崎審判員が3位決定戦の第2審判を担当
  2. 【海外】ベナンシオ氏がスペイン代表監督を退任、テクニカルディレク…
  3. [アジア選手権予選]AFCの規定変更により大会登録が認められなか…
  4. 【渡邉知晃のインドネシアダイアリー】最終回 2カ月のインドネシア…
  5. 【AFC女子選手権】インドアゲームズ女王のタイとも引き分け、無敗…
  6. 【コラム】元フットサル日本代表FP難波田治 フットサルの体育導入…
  7. 【アジア選手権】グループラウンドが終了 前回大会のベスト4がすべ…
  8. 【U-20アジア選手権】5月の第1回大会の開催地がタイに決定!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。