【ビバ!! フットボール・サラ】第2回 第10節の注目はインテルとエルポソの“エル・クラシコ”

スペインリーグ10節の注目カードは、インテルとエルポソの“エル・クラシコ”だ。スペインを代表する2大クラブの対戦は、5連覇を目指すホームチームの完勝に終わった。インテルはポルトガル代表リカルジーニョを欠いたが、勝利し、選手層の厚さを実証する結果となった。

 

バルセロナはオサスナ・マグナと対戦し、ホームで引き分けに終わった。オサスナ・マグナは終盤に決定機を手にしたが、決められず。3ポイントを手にできなかった。とはいえ、今シーズンもどの対戦相手にとっても難しいチームであることを改めてバルセロナ相手に示した。バルセロナは1人で決定機を演出できるブラジル代表ディエゴの欠場が大きく響いていた。

 

10節注目ゲームのハイライト:

 

スペイン10節インテル対エルポソ戦ハイライト

インテルが力の差を示して、エルポソに勝利したゲーム。

エルポソはまるで「どうぞ速攻をしかけてください」というようなボールの奪われ方を何度もしてしまうなどミスが多かった。

 

スペイン10節バルセロナ対オサスナ・マグナ戦ハイライト

ドリブルで1人ディフェンスを抜いてなど、数的優位な状況が生まれた時の各選手の決断力には、目を見張るものがあった。

そんなプレーのクオリティが、試合の緊張感を高めた。