海外

【フットサルW杯】いよいよ開幕! ポルトガルが劇的弾で開催国コロンビアと分ける。アジア勢は早くも2敗

Druck

9月10日、フットサルワールドカップ2016がコロンビアで幕を開けた。今大会、フットサル日本代表は2月のアジア選手権で5位以内に入ることができず、4大会ぶりに出場権を逃してしまったが、それでも国内では7試合がNHK BS1で放送されることが決まっており、注目を集めている。

大会初日には、4試合が行われた。グループBのキューバ対エジプトは、エジプトが終始、試合の主導権を握り、7-1で勝利した。この試合でエジプトのFPモスタファ・エイドは、3ゴールを叩き出し、大会最初のハットトリック達成者となった。

同じくグループBでは、ミゲル・ロドリゴ監督の率いるタイ代表とロシア代表が対戦した。2012年のW杯得点王でもあるFPエデル・リマらにゴールを決められたタイは、前半を1-3のビハインドで折り返す。しかし、後半に入ると反撃を見せて一時は3-3の同点に追いつく。その後、PKを含むセットプレーからロシアに3ゴールを決められて4-6で敗れたが、優勝候補の一角に挙げられている強豪を相手に善戦した。

同時刻には、ウズベキスタン代表対パナマ代表の試合も行われた。互角の試合展開の中で、先手を取ったのはパナマだった。前半16分にFPアブディエル・カストレジョンがワンツーで抜け出し、GKウマロフをかわして先制点を決める。後半に入り、アジア選手権2位でW杯に出場したウズベキスタンは、数多くの決定機を迎えるが、GKの好セーブなどに阻まれて得点を挙げられない。すると、パナマは2つのゴールを重ねて3-0とリードを広げた。終盤にウズベキスタンも1点を返したが、時すでに遅し。アジアは初日からタイとウズベキスタンが敗れて2敗を喫している。

グループステージ、屈指の好カードとなったのが、開催国コロンビア代表と元名古屋オーシャンズのFPリカルジーニョ擁するポルトガルの対戦だ。キックオフから29秒、コロンビアは、キャプテンのFPアンジェロットがボレーシュートで先制点を記録する。その後も攻勢に試合を進めたが、追加点は挙げられない。対するポルトガルも、リカルジーニョを中心に攻めるが、FPカルディナルのシュートがポストに嫌われるなど、こちらも得点を奪えない。両GKの好セーブもあり、引き締まった一戦は、最後にドラマが待っていた。試合が終わろうという、まさにその瞬間、ポルトガルのカルディナルが縦パスを受けると、アンジェロットを背負いながら反転してシュート。これがブザービーターとなり、土壇場でポルトガルが引き分けに持ち込んだ。

大会初日の結果は以下の通り。各試合スコアは、試合のハイライト映像にリンクしてあるので、世界最高峰の戦いを、その目で見てほしい。

グループA
ウズベキスタン 1-3 パナマ
コロンビア 1-1 ポルトガル

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

グループB
キューバ 1-7 エジプト
タイ 4-6 ロシア

関連記事

  1. 【選手権】2年連続3冠の名古屋 ペドロ・コスタ監督が退任をFP酒…
  2. 【ビバ!! フットボール・サラ】第2回 第10節の注目はインテル…
  3. 浦安から渡西の深津孝祐、所属クラブがスペイン1部サラゴサに決定
  4. 【日本代表】欧州遠征初戦のドイツ戦はスコアレスドロー、第2戦は2…
  5. 【フットサルW杯】欧州王者スペインがイランを圧倒! 初出場のアゼ…
  6. 【親善試合】日本との接戦に満足するタイ代表プルピス監督「勝っても…
  7. 【ビバ!! フットボール・サラ】第5回 第13節インテルがアウェ…
  8. 【管理人日記】2003年8月5日、日本がイランで戦ったAFCフッ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。