海外

【フットサルW杯】大会10日目、決勝トーナメントがスタート! 開催国コロンビアがPK戦の末に姿を消す

worldcup logo

フットサルW杯は20日、大会10日目を迎えて、決勝トーナメントが幕を開けた。ラウンド16で最初の試合となったロシア対ベトナムでは、ロシアが力の差を見せつけて7-0で勝利コロンビア対パラグアイの一戦は、PK戦の末にパラグアイが3-2でホスト国を破っている。

AFCフットサル選手権の準々決勝で、PK戦の末に日本に勝利したのを皮切りに、史上初のW杯出場、W杯初勝利と快進撃を見せてきたベトナムだったが、やはりロシアの壁は分厚かった。前半3分、左サイドからエデル・リマがDFを反転で振り切り、折り返したボールをチシカラがゴールに流し込んで先制したロシアは、その後も攻め手を緩めずに前半を4-0で折り返す。後半も一方的な試合展開は続き、3ゴールを追加。エースのエデル・リマはノーゴールに終わったが、チャンスメークに徹して勝利に貢献。イエローカードを1枚も受けることなく、8強に勝ち進んでいる。

前回大会の4位以上を目指して、自国開催のW杯に臨んでいたコロンビア。しかし、前半から守備の固いパラグアイを崩せず、逆にピンチを迎える。前半19分にはオルティスに決定的なシュートを打たれるが、これはクロスバーに救われる。0-0で迎えた後半も、チャンスの数ではパラグアイが上回るが、コロンビアGKヒメネスの活躍やゴールライン上でのE・アヤラのシュートブロックもあり、得点が決まらない。延長も攻め続けたパラグアイだったが、結局、最後まで得点を挙げられずに0-0で、決着はPK戦で付けられることとなった。PK戦では、コロンビア1人目のトロがGKに止められる。続くパラグアイのE・アヤラもポストに当てて失敗。両チーム3人目が蹴り終えた段階で、2-2で迎えたサドンデス1人目、コロンビアはオテロのシュートがGKに防がれる。続くパラグアイ4人目のG・アヤラはきっちりとシュートを決めて試合終了。南米対決を制したパラグアイが、ベスト8に勝ち進んでいる。

以下、フットサルW杯2016決勝ラウンド
▽ラウンド16
9月20日
M37 ロシア 7-0 ベトナム
M38 コロンビア 0-0(PK2-3) パラグアイ

9月21日
M39 ブラジル(D組1位) - イラン(F組3位)
M40 スペイン(F組1位) - カザフスタン(E組2位)
M41 ポルトガル(A組1位) - コスタリカ(E組3位)

9月22日
M42 イタリア(C組1位) - エジプト(B組3位)
M43 アルゼンチン(E組1位) - ウクライナ(D組2位)
M44 タイ(B組2位) - アゼルバイジャン(F組2位)

9月23日
試合なし

▽準々決勝
9月24日
M45 パラグアイ - M39勝者
M46 ロシア - M40勝者

9月25日
M47 M43勝者 - M42勝者
M48 M44勝者 - M41勝者

9月26日
試合なし

▽準決勝
9月27日
M49 M45勝者 - M46勝者

9月28日
M50 M47勝者 - M48勝者

9月29日~30日
試合なし

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

▽3位決定戦&決勝
10月1日
M51 M49敗者 - M50敗者
M52 M49勝者 - M50勝者

関連記事

  1. 【PH】アジア選手権 タイ代表vsキルギスタン代表(48枚)
  2. 【AFCクラブ選手権2018】名古屋はパワープレー返しを決められ…
  3. 【Zama~Miro!】プレーの強度とは? 世界王者と名門クラブ…
  4. [アジア選手権]前回大会ベスト8の日本はpot2に
  5. 【VIVA! フットボールサラ】王者インテルが2節で早くも黒星、…
  6. 【スペイン】エルポソBは2点のリードを守り切れず。日本代表FP清…
  7. 【親善試合】アルゼンチンをW杯制覇に導いた39歳・指揮官ディエゴ…
  8. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP田村友貴選手のコ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。