海外

【フットサルW杯】3連覇を目指すブラジルは白星発進! 初出場のベトナムも初戦を制す

Druck

9月11日、フットサルワールドカップ2016は2日目を迎え、大会3連覇を目指すフットサルブラジル代表が登場し、ウクライナに3-1で勝利した。また、AFCフットサル選手権(アジア選手権)の準々決勝で日本を破ってW杯出場権を獲得したベトナム、同大会で5位となりW杯出場を決めたオーストラリアも初戦を白星で飾っている。

アジア選手権でプレーオフの末にW杯本大会出場を決めたオーストラリア代表は、アフリカのモザンビークと対戦。前半11分にフォガティのチャンスメイクからバリエントスが左足で先制ゴールを決めると、前半のうちにクーパー、ジョベナリが追加点を挙げて、3-0と試合を優位に進める。後半、モザンビークの反撃に遭い、パワープレーなどから2失点を喫したものの前半のリードを守り抜き、3-2で試合をモノにしている。

オーストラリアと同じグループDのもう一試合は、ウクライナ対ブラジルの好カードだった。ブラジルは前半7分にロドリゴが直接FKを決めて1点を先制すると10分にはアリのキックインからワールドカップ5大会連続出場のファルカンも5大会連続となるゴールを決めてリードを2点に広げる。後半にCKから1点を返されたブラジルだが、35分にはラファエル・ラトとロドリゴの連係プレーからオウンゴールを誘発して3-1で勝利。しっかりと勝ち点3をつかんでいる。

W杯初出場のベトナムはグループCの初戦で、グアテマラと対戦した。この試合では、ベトナム代表のグエン・ミン・チーが大活躍。前半終了間際の20分に最終ディフェンダーの背後で自陣からのロングパスを受けて、反転しながら左足のシュートで先制点を決める。さらに同点に追いつかれて迎えた後半9分にも前からのプレッシングでボールを奪い、左足でシュートを決めると、その直後にも右サイドを個人の力で突破して左足のシュートを叩き込み、ハットトリックを達成する。その後、1点を返されたが、チャン・バン・ブーがPKを決めて4-2で勝利し、W杯初陣で勝利を収めている。

グループCのもう一試合、パラグアイ代表対イタリア代表は、前半8分にサラスのゴールでパラグアイが先手を取る。16分にはイタリアもキャプテンのリマがFKから長い距離のゴールを決めて同点に追いつくが、パラグアイは前半のうちにサラスが追加点を挙げて2-1とする。リードを許したイタリアは、後半に反撃を見せる。23分に速攻からロマーノが同点ゴールを決めると、その後もチャンスをつくり、25分にはドス・サントスのミドルシュートがゴール前のDFに当たって方向が変わり、ゴールに決まって逆転。パラグアイに退場者が出た32分には数的優位の好機を逃さずにメルリムがダメ押しゴールを決めて4-2で逆転勝利を収めている。

以下、W杯2016大会2日目の結果

グループC
ベトナム 4-2 グアテマラ
パラグアイ 2-4 イタリア

グループD
モザンビーク 2-3 オーストラリア
ウクライナ 1-3 ブラジル

関連記事

  1. 【女子】福井丸岡ラックがスペイン遠征を実施 FP高尾茜利「どんな…
  2. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP小曽戸允哉選手の…
  3. 【フットサルW杯】ファルカンがマヌエル・トビアスを抜き、フットサ…
  4. 【フットサルW杯】大会5日目、ブラジルがシュート103本11ゴー…
  5. 【ビバ!! フットボール・サラ】第9回 第17節バルセロナがドロ…
  6. 【親善試合】アルゼンチンをW杯制覇に導いた39歳・指揮官ディエゴ…
  7. 【親善試合】ブルーノ・ガルシア監督が感じたアルゼンチンとの距離感…
  8. 【日本代表】ブルーノ・ガルシア監督会見要旨 目標は「2月11日、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。