海外

【フットサルW杯】ミゲル・タイがキューバに逆転勝利! ポルトガルとロシアは大勝

Druck

フットサルW杯は13日、大会4日目を迎え、グループAとグループBの4試合が行われた。ポルトガル、ロシア、タイが勝ち点3を収めた一方で、開催国のコロンビアはウズベキスタンと引き分け、勝ち点1を分け合っている。

グループAでは、ポルトガルが圧倒的な強さを見せつけた。試合開始12秒、リカルジーニョがCKから左足でゴールを決めて1点をリードすると、5分にはカルディナルが追加点を記録。その後も攻撃の手を緩めることなく、リカルジーニョ、カルディナル、ミゲルが次々とゴールを挙げていく。リカルジーニョは前半だけで5得点を挙げる大活躍で、ポルトガルは前半を8-0と大量リードで折り返す。すでに勝敗の決した後半は、リカルジーニョの1ゴールのみに終わったが、最後までパナマにゴールを許さずに9-0で快勝し、決勝トーナメント進出に大きく近づいた。

グループAのもう一試合では、初戦でパナマに敗れたウズベキスタンが、開催国のコロンビアを苦しめた。前半5分、右サイドからの折り返しをGKが処理しきれなかったところをアノロフがゴールに押し込み、先制する。15分にもウズベキスタンは、速攻からイルサリエフが追加点を挙げて、リードを2点に広げた。18分にはコロンビアもピヴォからの落としを受けたアンジェロットがシュート。DFにブロックされたボールをアブリルがGKウマノフの股下を通してゴールに押し込み、1点を返して前半を折り返す。後半、コロンビアの攻撃に耐えたウズベキスタンは、8分にCKから得点を奪って3-1とする。初戦を引き分けていたコロンビアは終盤にパワープレーを仕掛ける。17分に高い位置でボールを奪い返したアンジェロットが1点差とするゴールを決めると、残り13秒にも素早いパス回しで守備を崩してアンジェロットが得点を挙げて、試合を振り出しに戻した。このまま試合は3-3で終了し、両チームとも未勝利のまま、グループ最終戦を迎えることとなった。

グループBのエジプト対ロシアも、序盤から力の差がスコアに出る試合となった。キックオフから12秒、エデル・リマの落としをダビドフがゴールに決めて1点を先制したロシアは、その後も前半のうちにエデル・リマ、ロムロ、ニイアゾフが得点を決めて行く。ロシアは守備の緩いエジプトを相手に、アタッキングサードに入る前にシュートを打ち、ゴールネットを揺らしていく。後半開始早々にもエデル・リマがペナルティーエリア外からシュートを決めたロシアは、ロムロもこの日2点目のゴールを決める。その後のエジプトの反撃をFKからの1点に抑えたロシアが、2連勝で決勝ラウンド進出を決定的にした。

同じくグループBのタイとキューバの一戦は、激しい撃ち合いとなる。序盤に得点を重ねたのは、キューバだった。スピードに乗った攻撃からゴール前にフリーの選手をつくり出し、前半12分までにドミンゲス、バケロ、マルレロが得点を重ねて3点のリードを奪った。2点目を失った直後、タイのミゲル・ロドリゴ監督はタイムアウトを取っていたが、この失点でようやく目を覚ます。14分にウィワットがゴールを決めて1点を返すと、15分にもジラワットが追加点を挙げて1点差に詰め寄る。その後、キューバが第2PKのこぼれ球をマリノが押し込み1点を加えると、タイもエースのスパウットが第2PKを直接決めて、前半を4-3とキューバが1点リードして追える。後半に入っても両チーム得点を奪い合う展開が続き、5-5で迎えた28分にはキャプテンのクリッサダが逆転ゴールを挙げる。この試合、始めてのリードを奪ったタイは、スパウットが2ゴールを加えて8-5で逆転勝利を収めている。

 

以下、W杯2016大会4日目の結果
グループA
パナマ 0-9 ポルトガル
コロンビア 3-3 ウズベキスタン

グループB
エジプト 1-6 ロシア
タイ 8-5 キューバ

関連記事

  1. 【親善試合】ブルーノ・ジャパンが戦うアルゼンチン代表とは? ミゲ…
  2. 【アジア】フットサルベトナム代表、アジア選手権直前合宿を日本で実…
  3. 【AFCクラブ選手権2017】サナイェ戦後、大阪FP今井翔選手コ…
  4. 【フットサルW杯】小崎審判員が3位決定戦の第2審判を担当
  5. 【海外】浦安退任の高橋健介監督、インドネシア代表の総監督に就任 …
  6. 世界王者アルゼンチンが来年1月の日本戦メンバーを発表、海外組を招…
  7. [アジア選手権]前回大会ベスト8の日本はpot2に
  8. 【新連載】ビバ!! フットボール・サラ 第1回 スペインリーグ序…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。