海外

【フットサルW杯】大会5日目、ブラジルがシュート103本11ゴールでオーストラリアを粉砕

Druck

フットサルW杯は14日、大会5日目を迎え、グループCとグループDの4試合が行われた。大会3連覇を目指すブラジルとイタリアが2連勝で、それぞれグループの首位に立っている。

カリで行われた第1試合では、グアテマラとイタリアが対戦した。3分にフォルティノのシュートで先制したイタリアは、その1分後にもレッギーロのシュートがGKのミスを誘って追加点を挙げる。その後、オウンゴールで1点差となるが、前半終了間際にCKの流れからフォルティノが、この試合2点目のゴールを決める。後半は前に出て来たグアテマラに対して、カウンターから得点を重ねて行く。後半12分にフォルティノがハットトリックとなるゴールを決めると、その2分後にはパワープレーに出て来た相手に対して、レッギーロがダメ押しのゴールを決めた。このまま5-1でイタリアが勝利し、2連勝で決勝トーナメント進出を確実にした。

グループCのもう一試合では、パラグアイとベトナムが対戦した。初戦のグアテマラ戦で歴史的な勝利を挙げたベトナムだったが、前半3分に圧力をかけられてマルティネスに先制点を決められる。その後も失点が止まらずに前半だけで大量5失点を喫してしまう。後半もロングカウンターから2失点を許したベトナムは、試合終了間際に1点を返したが、反撃もここまで。1-7の完敗を喫している。

より大差がついたのが、ブカラマンガで行われたグループDの第1試合だ。前半2分にロドリゴに先制点を決められたオーストラリアは、同4分にジョベナリが同点ゴールを決める。しかし、8分にフェルナンジーニョ、12分にファルカンに追加点を決められて、前半を1-3で折り返すと、後半はブラジルのゴールラッシュが展開された。結局、前後半を通じて103本のシュートを放ったがブラジルが、大量11ゴールを奪ってオーストラリアを一蹴。エースのファルカンは得意のファルカンフェイントから決めたゴールを含め、ハットトリックの大活躍を見せている

グループDのもう一試合では、初戦でオーストラリアに黒星を喫して後がないモザンビークが、ウクライナと対戦した。しかし、先手を取ったのはウクライナだった。キックオフから45秒でソロキンが先制点を挙げると、8分にもハイプレスで相手のミスを誘い、グリツィナのゴールでリードを広げる。モザンビークは19分にディノとカロが高い身体能力を生かした動きから連続でゴールを決めて同点に追いつき、前半を折り返す。後半5分に再びウクライナにリードされたモザンビークは、パワープレーに出ていた後半16分に相手GKが一発退場となり、数的優位となる。しかし、同点に追いつけないばかりか、17分にはFP3人のウクライナにパワープレー返しを決められて2点差を付けられて敗戦。最終戦の相手はブラジルであり、グループ最下位となることが濃厚になった。

 

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

以下、W杯2016 大会5日目の結果
グループC
グアテマラ 1-5 イタリア
パラグアイ 7-1 ベトナム
グループD
オーストラリア 1-11 ブラジル
ウクライナ 4-2 モザンビーク

関連記事

  1. 【特集】第15回AFCアジア選手権2018台湾(最終結果)
  2. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP相井忍選手のコメ…
  3. 【活動報告】前スペイン代表監督 ホセ・ベナンシオ氏の指導者講習会…
  4. 【フットサルW杯】欧州王者スペインがイランを圧倒! 初出場のアゼ…
  5. 【練習試合】自分たちの長所を取り戻す必要性を語る町田FP横江怜「…
  6. 【AFCクラブ選手権2017】アジアの舞台に戻った木暮監督の下、…
  7. 【アジア選手権】初優勝を目指すタイはキルギスタンを粉砕、逆転で決…
  8. 【AFCクラブ選手権2017】芝野創太が2ゴールも…大阪はサナイ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。