フットサル日本代表

【フットサルW杯】大会7日目、ミゲル監督率いるタイと開催国コロンビアが決勝T進出を決める!

worldcup logo

 

フットサルW杯は16日、大会7日目を迎え、グループAとグループBの4試合が行われた。グループAではポルトガルとコロンビア、グループBではロシアとタイが決勝ラウンドに進出することを決めている。

グループステージ最終戦ということで、現地時間18時からはグループBの2試合が行われた。メデリンでは、エジプトとタイが対戦した。勝利した方が自動的に決勝ラウンド進出となる一戦は、前半6分にキックインからオウンゴールを誘発したタイがリードを奪う。このまま前半をリードして折り返したタイは、後半2分にもスパウットからのパスを受けたソーンウィチアンが追加点を決めて2-0とする。その後、エジプトに猛攻を受けたタイだがGKの好セーブもあり、1失点に抑えて自国開催の前回大会に続き、2大会連続でベスト16に進出している。ミゲル・ロドリゴ監督は、就任から2カ月ほどで、見事にチームをまとめあげた。

同時刻にカリでは、ロシアとキューバが対戦した。すでに2連勝をしているロシアは、前半16分にダビドフが先制点を挙げると、そこから前半の残り4分で3ゴールを加えて前半を4-0で折り返す。後半10分にはロングカウンターからキューバに1点を返されるが、そこから3ゴールを加えて最終的には7-1で勝利。3連勝でグループAを首位で通過している。

メデリンの第2試合では、ポルトガルとウズベキスタンが対戦した。勝利以外に決勝ラウンド進出の可能性がないウズベキスタンだが、前半10分にキックインからリカルジーニョに先制点を決められる。それでも、その1分後にはCKからリカルジーニョのオウンゴールを誘発して一度は追いついたが、14分には自陣でボールを失い、リカルジーニョに2点目を決められてしまう。さらに後半2分にもCKからリカルジーニョにボレーシュートを決められ、ハットトリックを達成された。後半6分にアンドレも追加点を挙げたポルトガルのリカルジーニョ劇場は、同15分にクライマックスを迎える。リカルジーニョが自陣で相手選手をヒールリフトで抜き去り、左サイドのブルーノにパス。ブルーノがゴール前に送った速いボールに飛び込んだデジョがダイレクトシュートを突き刺し、ダメ押しのゴールを奪う。この大会のベストゴール候補でゴールラッシュを締めくくったポルトガルが、リーグ首位通過を決めた。次の日本代表監督の有力候補であるプルピス監督が率いるウズベキスタンは、グループステージで敗退となっている。

カリの第2試合は、パナマとコロンビアが対戦した。開催国のコロンビアは、ここまで2引き分けで、引き分け以下の結果では敗退という厳しい状況に立たされていた。そんな中、前半4分にアンジェロットが先制点を決める。しかし、パナマも譲らずに9分にブラウンが同点ゴールを記録する。しかし、その1分後、デ・レオンがファウルを犯して警告を受けると、試合はFKで再開される。この際、デ・レオンはボールが蹴られる前に壁から飛び出して、2度目の警告を受けて退場となった。数的優位のコロンビアは、12分にジョナタンが追加点を記録し、1点リードで前半を折り返す。後半2分にもコロンビアはジョルジ・アブリルが得点を加えて3-1とした。ここからパナマも反撃を見せ、カストレジョンが同点ゴールを挙げた。ここから追いつきたいパナマだったが、そのカストレジョンが相手選手を引っ張ったとしてレッドカードを示され、この試合2人目の退場となる。数的不利の2分間を凌ぎ、ピッチ上で4人対4人になった直後、コロンビアは追加点を決めて4-2とする。その後、パナマはPKで1点を返したものの中心選手2人を失った影響も大きく、ここで反撃は終了。3位となり、他グループの結果を待つこととなった。一方、苦しみながら勝ち点3を手にしたコロンビアが、決勝トーナメント進出を決めている。


以下、ワールドカップ2016大会7日目の試合結果

グループA
パナマ 3-4 コロンビア
ポルトガル 5-1 ウズベキスタン

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

グループB
エジプト 1-2 タイ
ロシア 7-1 キューバ

関連記事

  1. 【U-20アジア選手権】イラクの攻撃の基準点をつぶせるか 石田健…
  2. 【フォトニュース】名古屋合宿を行ったU-19日本代表FP山田慈英…
  3. 【ユース五輪】後半の3ゴールでチリを破った日本、2連勝でベスト4…
  4. 【U-20アジア選手権】台湾戦MOM 快勝に導いた先制弾+2アシ…
  5. 【日本代表】FP芝野創太とFP内田隼太が日本代表候補合宿に追加招…
  6. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号4 FP二宮秀文(…
  7. 【日本代表】ブルーノ・ガルシア監督会見要旨 目標は「2月11日、…
  8. 【ユース五輪】日本フットサル界初の世界大会4強入りを果たした木暮…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。