Fリーグ

【選手権】シーズン終盤に存在感を放つ大阪FP永井義文 「出ている時間はいつも100%でやっています」

[3.18 第22回全日本選手権準々決勝 湘南 0-3 大阪 代々木第一]

 

Fリーグを制したシュライカー大阪は、第22回全日本フットサル選手権の準々決勝から登場した。初戦となる準々決勝の対戦相手は、グループラウンドで名古屋オーシャンズを破った湘南ベルマーレだった。Fリーグクラブで最も勢いに乗っているチームを相手に、大阪は3-0と完勝して強さを見せつけた。

 

そのチームにあって、シーズン終盤に重要な働きを見せているのがFP永井義文だ。負傷に苦しめられたシーズンだったが、プレーオフ・ファイナルの第2戦では重要な決勝ゴールを決めて、リーグ初優勝にも貢献。この湘南戦でもしっかりと最前線でボールを収め、攻撃を支えた。FPチアゴ、FPヴィニシウスに続く、第3のピヴォは、限られた出場時間で決定的プレーをするための準備を怠っていないことを、プレーオフ・ファイナルのゴールの例を挙げて明かしてくれた。

 

以下、湘南戦後のシュライカー大阪FP永井義文選手のコメント
――今大会はFリーグ王者として臨んでいます。良いスタートが切れましたね。
永井 僕たちは、木暮監督になってからこの大会を獲ることができていないので、どちらかと言えば、『チャレンジャー』として臨んでいます。

――過去2大会はベスト8で敗退でしたね。
永井 はい。ベスト8、ベスト8なので、Fリーグとはまったく別の大会だと思っています。チャレンジャーの意識を持って、この試合に臨もうと思っていますし、変に身構えることのないようにしようと言っています。それがうまく出た試合だったかなと思います。

――湘南は名古屋を破り、非常に勢いがあったと思います。
永井 湘南の選手たちは、1対1が本当にうまいですね。ロドリゴ、刈込(真人)くん……みんなうまいので。ディフェンス…僕もあまり得意じゃないですし。

――ヴィニシウス選手のところも狙われていましたね。
永井 そうなんですよ。僕をはじめ、オフェンシブな選手なところは狙ってきていましたし、それがイヤだったのは、正直な感想です。

――守備はどういう意識でやっていましたか? ここまで絞ったら打たせようみたいな基準は持っていたのですか?
永井 ロドリゴは、左足が怖いので。右足で打たせようと。GKの柿原は、外からのシュートはすごく得意なんです。

――全部、止めきりましたものね。
永井 はい。だから、誰に対してもなるべく利き足で打たせない。ロドリゴなら、なるべく右足で打たせる。刈込さんなら左足で打たせる。そういうところで、ちょっとでも助けられたらとは思っていました。まずは抜かれないことが前提だったのですが、僕とかヴィニシウスはどうしても相手がうまいので、抜かれちゃうシーンも多くなっちゃいましたが、なるべく利き足ではなく、逆足で蹴らせようという感じで守っていましたね。

――今年の大阪は攻め勝って来ました。3点取られても、4点、5点取ると。ただ、今日に関しては取った点をしっかり守り切りました。ちょっと新しい顔が見えたかなと。
永井 その通りやと思います。

――守備の強化というのはチームとして、次のステップという考えですか?
永井 意識的な部分ではありません。いま、言われたように、その辺ができてくるチームに自然になってきたかなという印象です。湘南の対策はしましたが、特に「ああしよう」「こうしよう」という話はしていませんね。

――対策は、先ほどの利き足とか、仕掛けてくるという話ですね。
永井 そうです、そうです。利き足とか、誰が1対1で仕掛けてくるかとか、フィウーザが上がってくるとか。そういう確認はしました。リーグ戦と同じように臨みました。

――3-0で選手権のスタートが切れたことは?
永井 良かったですが、明日も厳しい試合になるでしょうね。

――神戸もノっていますからね。
永井 勢いあるし、良い選手がいっぱいいます。3連戦ですしね。過去に大阪は、この全日本選手権というトーナメントを2回獲っていますが、トーナメントの怖さはチャンピオンになったことがあるぶん、わかります。相手の勢いに飲まれないようにやりたいと思います。

――個人的には、今年本当にケガが多く苦しみました。それでも、シーズン最後の優勝を決める試合で点を取り、この舞台にも立っています。2冠に関われていて、充実感もすごくあるのでは?
永井 そうですね。先シーズンの途中から離脱が多く、この1シーズン半くらい、ほぼまともにプレーできないまま、チームに迷惑ばかりかけてきました。僕自身、申し訳ない気持ちがありましたし、プレーオフでは1戦目は点が取れませんでしたが、2戦目で点が取れたことは、まだ借りは返しきれていませんが、少しはチームに恩返しできたかなと思っています。

――しかも、先制点でしたからね。
永井 はい。本当に、このクラブには支えてもらっているので、そこは1点の重みの部分で(笑)。10点、20点を取ることはできていないのですが、なんとか、その重さで(笑)。

――重要な試合でのゴールなので、その価値を分かってくださいというところですね(笑)
永井 もう、なんとかして、なんとかして、迷惑をかけたぶんを恩返ししていこうという感じです(笑)。

――でも、『この試合が大事だ』という試合は間違いなくありますし、そういう試合で点を取れる選手とそうではない選手っていうのもありますからね。
永井 はい(笑)。点を取れて、良かったです。

――GKはバンバン、シュートが来ると乗れると言うじゃないですか? ストライカーはどうですか? 特に今のシュライカーは、チアゴがメインで出て、ヴィニシウスもいて、永井選手に与えられている時間は、決して長くはありません。そこで出るときに工夫をしていることはありますか?
永井 基本的に相手がどうかというのを、自分は意識しています。特に3番手だからとか、時間が短いからというのではなく、出ている時間はいつも100%でやっています。どちらかと言えば、自分は今年30になり、ある程度の経験もあります。経験も付いて来ていることで、対戦するいろいろな選手のデータも頭の中にあります。たとえば、プレーオフでいえば、あのイゴールから決めたシーンとか、イゴールは普通にシュートを打っても入りません。遠目からのシュートは。さらにイゴールは、セグンドのシュートパスへの対応も、すごく速いんですよ。足を運んで止められてしまう。なので、トッチ(仁井貴仁)に「ボールをキープして、落として、ボールをさらしたら、イゴールの前に速いボールを蹴ってくれ」と、注文していたんです。それで、「イゴールの前でオレが触るから」と伝えて。イゴールから点を取るには、それしかないって。

――ニアで、足のアウトサイドで合わせるような、珍しいゴールでしたね。
永井 そうです。フットサルではあまりないようなパターンの押し込み方でしたが、仁井と話し合っていて、イゴール対策をして決めたような点です。でも、あれはGKへのパスだから、取られたらカウンターになってしまうんですよね。イゴールにキャッチされたら。

――そうですよね。シュート性のボールとはいえ、ニアサイドですから、イゴール選手の正面に向かって蹴るようなボールです。仁井選手の蹴ったボールが、そのまま流れて取られるリスクもあった。
永井 はい。だから、それは約束事として、自分の経験を若い仁井に伝えて決めたゴールでした。

――あのボールを蹴る仁井選手にとっては、怖いですよね? 蹴ってカウンターのきっかけをつくってしまうかもしれませんから。それでも、「そこに蹴っていいんだ」と、伝えたんですね?
永井 トッチも「いいんですか?」って言ってきたんですけど、「それで、絶対に入るから」「最悪、オレがボールを蹴って外に蹴り出す。とにかくシュートで終わって、イゴールにキャッチだけはさせないから、オレがセグンドに行くふりをしたときに、イゴールの前に蹴ってくれ」と言っていました。町田にも良いフィクソがいますし、非常に厳しい守備をしますし、人も近かったので、あの前で触らないと入らない。1戦目もそうでしたよね? 全然、シュートが入らない。あれだけ良いGKから点を取るためには、なかなか一筋縄ではいきません。だから、どちらかというと3番手で出るときがどうこうじゃなくて、相手がどうだからこうするっていうのを考えています。

――相手のプレーを見て、スカウティングもしているんですね。
永井 しかも、ピッチ外にいられるぶん、考える時間も、チームメイトと話す時間も結構多いんですよ。

――なるほど。
永井 だから、そこでしっかり話をして、相手がどうやってきているからという分析を外でして、試合に出るときに備えておくというのは、自分の経験値をチームに伝えることも含め、自分がピッチ外での時間が長くなったぶん、やらないといけないことかなと思っています。

――そんな話を聞くと、まだまだチームに貢献できそうですね。
永井 まずは2冠を目指して頑張ります!

関連記事

  1. 【Fリーグ】前節勝利を挙げていた両チームの対戦は北海道が浜松を破…
  2. バルドラール浦安、高橋TDの見たU-19日本代表合宿 「ベースが…
  3. 【Fリーグ】仙台の選手・スタッフが選んだ2017/2018シーズ…
  4. 【選手権】3位決定戦はFP宮田義人のミドルシュートで府中が神戸に…
  5. 【選手権】ジョン・レノン弾で逆転の浜松、地域CL3位のミカロ仙台…
  6. 【FリーグPO】過去最高の3位になったからこそ見えたもの 湘南F…
  7. 【選手権】第23回全日本フットサル選手権大会
  8. 【海外】浦安退任の高橋健介監督、インドネシア代表の総監督に就任 …

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。