Y.S.C.C.横浜

【オーシャン杯】チームに強度を求めるY.S.C.C.横浜 前田佳宏監督「日本のチームで勝ちたいのは、名古屋オーシャンズ」

[5.25 オーシャン杯 F選抜 4-3 横浜 アリーナ立川立飛]
Y.S.C.C.横浜は25日に行われたオーシャンカップのFリーグ選抜戦に3-4で敗れた。元フットサル日本代表FP稲葉洸太郎のゴールで先制したが、その後、2点差を付けられる。それでもパワープレーから試合を振り出しに戻す粘りを見せた。

勝ちに行き、パワープレーを続けた結果、パワープレー返しから決勝点を決められたが、「クラブにとって最初のFの舞台での試合が今日だったので、是が非でも勝ちを取りたいと思った」と、この試合に懸けていた思いを口にした。
以下、Fリーグ選抜戦後の横浜 前田佳宏監督のコメント
――試合の感想を聞かせてください。
前田 お疲れ様でした。クラブとして初めてのFリーグという環境のピッチで、監督の自分も、選手も『やってやろう』と、キックオフカンファレンスでも言ったように『みんなを巻き込んでやろう』『魅了してやろう』と思いましたが、なかなかうまくいきませんでした。ただ、最後までアグレッシブに戦い抜こう、勝ち抜こうと思ってやりました。少しうまくいきましたが、次の課題として、F2の開幕に合わせて準備したい。(選手たちが)持っているものはすごくいいし、こんなものじゃないので、みなさん次の試合も期待してください。

――かなり機能していたと感じたのですが、パワープレーのトレーニングは、どれくらいやっているのですか?
前田 正直なところ、そこまで練ったというより、やってみたらうまくいったというのがあります。トレーニングで、いろいろなパワープレーを試すうえで、一番最初に選手の特徴を考えて『こうやってみよう』とやってみたことが、練習試合でもうまくいったりしたので。本当は、もう少し、今日出すよりは、(Fリーグ・ディビジョン2の試合に)置いておきたかったのですが、クラブにとって最初のFの舞台での試合が今日だったので、是が非でも勝ちを取りたいと思ったので、今日ああいう風にやりました。でも、まだ(武器を)隠し持っていますので、期待してください。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――昨季よりも強度が上がっていると感じたが?
前田 常にすべての強度を高めようということを、私は常に言っています。練習から寄せる強度、攻めの点を奪う強度、一つひとつすべての強度を高めてやろうという形でトレーニングをしてきて、だいぶ強度が上がってきました。今シーズンはF2を戦いますが、僕の中で、日本のチームで勝ちたいのは、名古屋オーシャンズです。ですから、名古屋オーシャンズに負けない、勝っていくということを目指すうえで、何が一番必要かというとすべての強度。見ているところは常に、オーシャンズに勝ちたい。そこに向かっています。

関連記事

  1. 【Fリーグ】『お祭り男』がF2開幕戦はまさか(?)のノーゴール …
  2. 【オーシャン杯】好ゲームを展開したY.S.C.C.横浜 FP宿本…
  3. 【オーシャン杯】FP新井裕生が先制弾と決勝弾! Fリーグ選抜がY…
  4. 【Fリーグ】開幕スタメンに抜擢されたすみだFP中田秀人「去年より…
  5. 【F2】第9節ハイライト 北九州が2試合ぶり勝利で4位に! 横浜…
  6. 【Fリーグ】ディビジョン2が開幕! 15ゴールを決めたY.S.C…
  7. 【Fリーグ】元日本代表FP稲葉洸太郎の移籍先が決定! F2のY.…
  8. 【PH】YSCC横浜&元フットサル日本代表FP稲葉洸太…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。