PSTCロンドリーナ

【選手権】浦安に逆転負けのPSTCロンドリーナ 伊久間洋輔監督「内容は地域CLよりも全然良かった」

[3.2 第23回全日本選手権A組 ロンドリーナ 2-7 浦安 エコパアリーナ]
関東大会で2位となり、全国大会に勝ち進んだPSTCロンドリーナ。その初戦、Fリーグ2017/2018で7位となったバルドラール浦安を相手に先制点を挙げたものの、決定力の差を見せつけられて2-7で敗れた。翌日にアグレミーナ浜松との試合を控える中で、伊久間監督は前向きに試合を振り返っていた。

以下、浦安戦後のロンドリーナ伊久間洋輔監督のコメント
――試合の感想を聞かせてください。
伊久間 ボロ負けでしたね…。

――でも、先制点を取ることはできたじゃないですか。ボルク北九州とヴォスクオーレ仙台の試合もそうでしたけど…。
伊久間 あるあるですね。

――点を取り切る力の差をFリーグクラブが、第1試合、第2試合で見せているかなと思うのですが、どういう印象を持っていますか?
伊久間 もう、その差ですね。チャンスは全然ありましたし、1対1でも負けているかというと、負けていたり、勝っていたりするので、そこまで差は大きくないと思うんです。ただ、やっぱり『ここ』っていうところで点を取られてしまう。その差が大きいですね。

――それは何なのでしょうか。日本代表とイラン代表の差も、そういうところだと思うのですが。
伊久間 フィジカルも多分あるんですよね。

――後半に差を広げられるのは、その影響かもしれませんね。
伊久間 やっぱり精度が落ちてしまう。押し込んだ時に精度が落ちてしまうところ。フィジカルというか、いるリーグの強度がすべてかもしれません。そのへんを、どうサテライトの子たちに与えられるかというところですかね。

――また、2セット組めるかどうかもありますね。
伊久間 地域チャンピオンズリーグで退場して、出場停止になっていた選手が2人いましたからね。それで7枚で回さざるを得ませんでした。でも、全員そろっていても、そこまで変わるかと言ったら、そうではないと思います。それでも今日は頑張ったと思いますよ。

――点差ほどの差があった内容ではなかったと思います。後半も食らいついていましたし。
伊久間 うん。内容はそうなんです。2点目取られたあとの3点目で終わりなんです。あそこを持ちこたえて、後半に迎えていたら、多少、チャンスがあったかもしれません。

――あとは相当デザインされているなと感じたセットプレー。崩したのに決めきれませんでした。
伊久間 あそことかも、GKの差なんですよね。地域リーグだと、ああいうので入っちゃうから。そこは仕方がない。良いGKがいるとね。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――残りの2試合に向けては?
伊久間 まず今日の内容を確認しようと思います。内容的には、この前の地域チャンピオンズリーグよりも全然良かったですし、自分たちの取り組んでいることはできたんですけど、その(Fリーグとの)違いを選手たちは肌で感じることができたので、一つ成長できると思います。そこでもう一回、Fリーグのクラブと試合ができる。こんな美味しいことはないので、明日はもっと高められるように。1日では変わりませんが、気持ちの部分でやれるというのは、あいつらの中でできてきたと思うので、明日は、今日の内容をそのままにやれればと思います。

関連記事

  1. 【選手権】シーソーゲームとなった仙台ダービー、ヴォスクオーレがF…
  2. 【選手権】第2PKでの2失点が響き、リガーレ東京に惜敗した長野F…
  3. 【Fリーグ】浦安がラスト15秒で同点に追いつき、連敗をストップ!…
  4. 【選手権】後半4ゴールの広島エフ・ドゥが同志社大を破り、大会初勝…
  5. 【オーシャン杯】2点をリードも、すみだに追いつかれた浦安 アルベ…
  6. 【全日本予選】ペスカドーラ町田アスピランチ×ツヴァイト府中 試合…
  7. 【Fリーグ】浦安が荒牧弾で粘る町田を振り切り、リーグ戦3連勝を飾…
  8. 【Fリーグ】練習中に負傷の町田FP甲斐修侍は全治2カ月 全日本選…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • taku.kawai
    • 2018年 3月 14日

    湘南ベルマーレの監督も務め、現在は湘南の下部組織でもあるロンドリーナで指揮を執る伊久間監督。
    記事中でも話をしていますが、アジア選手権でイランと日本の間に感じたのと同じような差を、
    今回の選手権ではFリーグクラブと地域リーグクラブの間に感じました。
    イランとFリーグクラブの決定的な違いは、イランが先制点を取ってずーっと有利に試合を進めるのに対し、
    Fリーグクラブは地域リーグクラブに先制点を浴びて慌てるところ。

    それに対して「最後に勝ち切ることが大事」という選手もいるみたいですが、
    そういう選手が少数派になっていかないと、Fリーグは特別なリーグになりきらないのかなと思います。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。