SBFCロンドリーナ

【U18選手権関東】3大会ぶりの全国には届かず…ロンドリーナ 伊久間洋輔監督「一本やられちゃうとやられちゃいますね」

7.14 U18選手権関東 矢板中央 74 ロンドリーナ 栃木県北]

トップチームで活躍するFP植松晃都らが出場した第2回大会以来となる、全国大会出場は果たせなかった。SBFCロンドリーナは14日の第5回全日本ユース(U-18)フットサル選手権関東大会の準々決勝で、矢板中央高(栃木)と対戦。序盤に2点をリードするなど、前半だけで3度リードしたものの、サッカーの試合を終えて後半から出場したU-20フットサル日本代表候補FP大塚尋斗、FP飯島翼を止められず、逆転負けを喫した。

試合後、ロンドリーナの伊久間洋輔監督は「来年はもう少しよくなる」と2年生中心のチームについて語り、この試合で得た経験を選手たちが成長につなげてくれることに期待した。

以下、矢板中央戦後のSBFCロンドリーナ 伊久間洋輔監督のコメント
――惜しかった…という結果になってしまいました。
伊久間 いつも通りですね。良いチームなんですが、戦える選手かというと5人、6人になってしまいます。去年もそうだったんですけど。ただ、2年生が多いんですよ。なので来年はもう少しよくなるかなと。このままメンバーが落ちないで行ける感じなので。

――前半の特に立ち上がりはよかったのですが、後半にプリンスリーグに出ていた2人が戻ってきた途端…試合が変わってしまいましたね。
伊久間 途中まで頑張れていたのですが、一瞬でしたね。「来るかもしれないぞ」「来たー!」っていう感じでしたね。それで最初はやらせていなかったのですが、一本やられちゃうとやられちゃいますね。

――やられたのが、ロングボールからヘディングという形でした。
伊久間 去年もそうなんですよね。決められる力ですね。

――このタイミングで2年生が多いのは、矢板中央とここでできたのは財産になりますね。
伊久間 そうですね。戦えなくはないんですよ。大塚くんにも、うちの35番(牧野謙心)とかが、もう少し体力面とか、フィジカル面を強化すれば、そんなにそん色なくできると思うんです。その辺の強度の問題がありますからね。

――日常的にサッカーとフットサルのチームでは対戦できる相手に差が出てきますからね。
伊久間 彼らもサテライトと戦っているから、ある程度はできるのですが、それでも強いですよね。(矢板中央の選手たちがダウンするのを見ながら)こういう子がフットサルに来るようになれば、レベルは上がりますよね。

――この大会ができたことで広がりはできたと思います。あとは、そういう選手をFリーグクラブが獲得できれば…ですね。
伊久間 湘南ベルマーレも何人か(サッカーをやっている選手を)、ちゃんと声をかけたりしています。そういう子が来てくれるようになれば。

関連記事

  1. 【Fリーグ】左足でオールスターを盛り上げたFPロドリゴ(9枚)
  2. 【Fリーグ】名古屋が初のPO進出を決めた湘南に10試合ぶりに土付…
  3. 【PH】プレーオフ 湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ(33枚…
  4. 【U-19日本代表】鋭いドリブルを武器に紅白戦で2アシストFP萩…
  5. 【Fリーグ】湘南守護神GKフィウーザが奮闘も、再開初戦は逆転負け…
  6. 【FリーグPO】19歳ラストマッチを勝利で飾れずも… FP植松晃…
  7. 【PH】第33節 名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ(45枚)…
  8. 【Fリーグ】府中が終盤のパワープレーで湘南に逆転勝利、再開初戦を…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。