フウガドールすみだ

【選手権】前回大会は1-9。浦安へのリベンジを誓うFP畠山勇気「本当に何もできなかった。今年は絶対に勝ちます」

[3.2 第24回全日本選手権1回戦 長野 1-3 すみだバッファローズ 兵庫県立]
第24回全日本フットサル選手権は2日に開幕し、兵庫県立総合体育館の第3試合では、ボアルース長野とフウガドールすみだバッファローズが対戦した。

東京都1部リーグのすみだバッファローズが、来季F1参入の権利をつかんだばかりの長野を破ったジャイアントキリング。U-19フットサル日本代表でもキャプテンを務めるFP畠山勇気は、決勝点となるチーム2点目を挙げて、勝利に貢献した。

昨年12月に行われたAFC U-20フットサル選手権東アジア予選後、自身の課題として「得点力の向上」を挙げていた畠山は、自らシュートに持ち込む回数も増え、着実に力を付けている。

以下、ボアルース長野戦後のFP畠山勇気のコメント
――良い話の前に1失点目の場面ですが、ドリブルで裏を取られましたね。
畠山 やられましたね。間違いありません。

――プラスマイナス、ゼロですかね。
畠山 まぁ、そうですね。でも、1点目はあまり覚えていないのですが、交わされた後、見た感じでは人数が足りていた気はしたんですよね。でも、うまかったですよね。ほぼボール一つ分のところに通されてしまったと思います。自分のミスからだったので、取り返せてよかったです。

――相手はF2で優勝して、F1入れ替え戦も勝っていた勢いのあるチームでした。いかがでしたか?
畠山 点がなかなか取れなくて、普段だったら前半のうちに何点か取れるケースがあるのですが、そこが固くて。それでも後半の最初の方に1点取ることができたのが、かなり効きました。あれが出かかったです。

――熊谷貫太郎選手のゴールでしたね。
畠山 そうですね。

――彼と、北村弘樹選手が入ると落ち着きますね。
畠山 はい。今週はみんなすごくコンディションが良くて、それが結果につながりましたね。雰囲気も良かったですし、良かったです。

――U-20の東アジア予選後、シュートについて課題だと話していました。かなり、シュートが打てるようになりましたね。
畠山 はい。シュートは本当に意識して練習からもそうですし、自主練でも打って、とりあえず打つっていうイメージを植え付けようと思いました。

――ゴールシーンを振り返ってください。
畠山 セットプレーからでした。前半も同じ形で1本、シュートを打っていたんです。その時にフリーになることができていたので、「これはチャンスがあるな」と思ったので、同じ動きをしたんです。あのゴールの前に、前半と後半で1本ずつ、同じ動きをしていたのですが、対応されていなかったので、案の定決まったという感じです。良かったです。

――今大会、初のジャイアントキリングです。
畠山 そうですね。これからある浦安と作陽高校の試合も楽しみですね。

――次の相手がどちらになっても、非常に楽しみですね。
畠山 楽しみですね。作陽だったら、同じU-20日本代表のFP(橋本)澪良もいますし、浦安になったら昨年のリベンジができるので。

――去年、ベスト8で当たったんですよね?
畠山 はい。駒沢で、1-9で負けたんです。その時、本当に何もできなかったんで、今年は絶対にやりますよ。絶対に勝ちます。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――成長ができたか、一つの目安になりそうですね。頑張ってください。
畠山 はい。絶対、勝ちますよ!

関連記事

  1. 【PH】第23回全日本選手権 バルドラール浦安 vs ヴォスクオ…
  2. 【U-20日本代表】清水和也が体調不良により2017年最初の候補…
  3. 【選手権】今大会で現役引退のFP小檜山譲が2G1PK奪取の大活躍…
  4. 【選手権】PK戦のサドンデスまでもつれた激戦を制したのは大阪! …
  5. 【Fリーグ】19歳で初のオールスター出場を果たした清水(11枚)…
  6. 【オーシャン杯】タイトルを目指すすみだ 須賀雄大監督「あらためて…
  7. 【選手権】F2王者・長野から貴重な同点弾を挙げたすみだバッファロ…
  8. 【Fリーグ】絶対王者を完封し、1G1Aの町田GKイゴール 「最高…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。