Fリーグ

【Fリーグ】2度目のプレーオフ・ファイナルで決勝弾の町田FP室田 「左側に蹴ったつもりが、まさかの右側に」

[3.3 Fリーグプレーオフ・ファイナル 大阪 2-3 町田 岸和田]

 

ペスカドーラ町田は3日のプレーオフ・ファイナル第1戦でシュライカー大阪に3-2で勝利した。試合の決勝点となったのは、FP室田祐希のゴールだった。名古屋オーシャンズ時代にもプレーオフ・ファイナルの舞台を経験している室田だが、そのときは試合にほとんど関われずに悔しい思いをしていた。町田の一員として先発出場した室田は、決勝ゴールを奪う活躍を見せた。シュートこそ、狙いと異なるコースに飛んだが、それまでのプレーはイメージ通りだったと振り返る。

 

以下、試合後のペスカドーラ町田FP室田祐希選手のコメント

――今、大丈夫ですか?

室田 ちょっとだけなら。これから酸素カプセルに入りに行くので。

 

――初戦を終えていかがですか?

室田 僕的には2回目のファイナルだったので。でも、名古屋のときはあまり主力として力になれていませんでした。今回はスタートから出させてもらいましたが、この1週間は本当に勝つイメージしか持っていませんでした。1戦目勝てれば次につながるから、とりあえず今日のことだけを考えていました。最後、2点ポンポンとやられましたが、プレーオフはもう勝つことが一番なので、とりあえずホッとしています。

 

――2点目取られて、雰囲気も流れも大阪に行きましたが、よく耐えましたね。

室田 間違いないですね。3-0とリードしていたこともありましたが、油断せずに、守りに入らずに攻めようと言っていたのですが、どこか守りに入っていた部分もあったと思いますし、プレスのスピードも落ちて、パスも回せませんでした。

 

――相手の後半の入りも良かったですしね。

室田 はい。でも、結果、耐えられて良かったです。

 

――室田選手のゴールが決勝点になりました。

室田 中井から良いボールが来たのですが、最初はトラップミスで相手に取られてしまったんです。『やべー』と思ったのですが、取り返してから左足で決めました。左側に蹴ったつもりが、まさかの右側に行くっていう誤算はありましたが(笑)。

 

――あそこは、遅らせようとしたのか、それとも取り切ろうとしたのでしょうか?

室田 もう取り切ろうと思っていました。相手も僕が見えていなかったので、死角から取り切ろうと。最初は正面から行こうとしたのですが、ちょっと距離があったので、ボールを引くように奪ったんです。正面から行くと、ガチャガチャとなる可能性もあったのですが、ボールを引くように奪ったら、そのままシュートまで行けるなというイメージもあったので。

 

――奪ってからシュートまで、イメージ通りのゴールだったんですね。あまり時間はありませんが、ゆっくり休んで明日に備えてください。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

室田 勝ちます。また明日!

関連記事

  1. 【オーシャン杯】初陣を白星で飾った浦安 アルベルト・リケル監督「…
  2. 【選手権】シーズン終盤に存在感を放つ大阪FP永井義文 「出ている…
  3. 【Fリーグ】浦安がFP小宮山の今季限りでの引退を発表 「最後の最…
  4. 【Fリーグ】U-19日本代表に大勝した名古屋 ペドロ・コスタ監督…
  5. 【Fリーグ】名古屋×すみだ 試合後のすみだ 清水選手コメント
  6. 【Fリーグ】2ゴールでエースの役割をまっとうしたすみだFP清水和…
  7. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 神戸×仙台 小田原アリ…
  8. 【Fリーグ】浦安が元日本代表FP高橋健介氏の監督就任を発表 「選…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。