アジア選手権

【アジア選手権】町田セットで出場時間が増えたFP室田祐希 「徐々に、徐々に良くなっている」

[2.1 AFCフットサル選手権2018 日本 4-2 タジキスタン 台北大学]
AFCフットサル選手権が1日に開幕し、フットサル日本代表はタジキスタン代表と対戦した。試合は4-2で日本が勝利を収めている。2年前の大会では、限定的な起用にとどまっていたFP室田祐希だが、今大会の初戦では同じ町田のチームメイトであるFP森岡薫、FP滝田学とともに、長時間のプレー時間を得ていた。町田で1年間、コンスタントに活躍を続けた室田は、アジアの舞台でも手ごたえを感じられているようだ。

以下、試合後の室田祐希選手のコメント

――初戦、だいぶ苦しめられました。
室田 そうですね。失点も自分たちのミスからでしたし、最初に早い段階で(清水)和也が決めてくれたので良かったのですが、相手の引いてカウンターという戦術にハマってしまいました。シュートを打っても、こぼれて相手のボールになったりとかしましたが、なんとか勝てました。

――2年前のウズベキスタンでのアジア選手権のときのように、何をやってもうまくいかない雰囲気が少しありました。
室田 何かいつもやっている感じのゲームにはなりませんでした。ちょっと戸惑ったところはありました。

――前半はプレスがハマらずに、パスを通されました。
室田 うん。でも、まず勝ててよかったなと思います。

――次は韓国戦。ウズベキスタンとの試合は最終的に大差がつきましたが、立ち上がりの韓国はそんなに悪くありませんでした。
室田 勢いがありましたよね。僕のセットは、この前のアルゼンチン戦のときから、トルクメセット(インドアゲームズに出ていた清水和也、齋藤功一と組むセット)ではなくなったので。(森岡)薫さんとはずっとやっているのでやりやすいですが、ラファ(逸見勝利ラファエル)とは一緒にやっていなかったので、そういうのも徐々に慣らさないと、前半はリズムもつかめなくて、単発、単発になっていました。僕と滝田でもっとうまくセットが回るように話しています。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――最初に追いつかれたのは、そのセットのときでした。
室田 徐々に、徐々に良くなっていると思うので。決勝トーナメント、ファイナルまで、話し合っていき、良くして行けたらなと思います。

関連記事

  1. 【親善試合】日本が清水和也のゴールで先制も、4失点を浴びてアルゼ…
  2. 【PH】アジア選手権 日本代表vsタジキスタン代表(108枚)
  3. 【PH】AFCクラブ選手権2018 名古屋オーシャンズ 6-1 …
  4. 【アジア選手権】見据えるのは2大会ぶりタイトルのみ FP森岡薫「…
  5. 【アジア選手権】日本戦の敗因を語るウズベキスタン監督 「このゲー…
  6. 【日本代表】大阪での経験がプラスに働いた初招集のFP田村「似てい…
  7. 【U-18女子代表】初の試合は関東選抜に3-6で敗れるも、試合中…
  8. 【U-18女子代表】初のユースオリンピック出場へ 木暮賢一郎監督…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。