【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP田村友貴選手のコメント「チームとしてももっともっとつめていかないといけない」

[7.27 AFCクラブ選手権2017 チョンブリ 4-2 大阪 ホーチミン]

シュライカー大阪は27日、AFCフットサルクラブ選手権2017の準々決勝でタイのチョンブリと対戦した。Fリーグで名古屋オーシャンズの10連覇を阻み、初のアジア挑戦を目指した大阪だったが、2-4で敗れて大会を去ることとなった。

以下、試合後の田村友貴選手のコメント

――お疲れさまでした。終わってしまいましたね。
田村 そうですね。悔しいですね。

――序盤はかなりチャンスを作りましたし、パワープレーも機能していました。勝つチャンスが十分にあったゲームだったかと思います。
田村 そうですね。立ち上がりから自分たちがプレッシャーをかけて、自分たちのペースでやることは話していました。そこで先制点であったり、失点をしないというところで、(先制点は)事故みたいなゴールだったかもしれませんが、それをこっちが逆に決めないといけなかった。自分たちから点を取りに行くところが、もう少しできていたらゲームが変わっていたかなと思っています。

――3失点が2分半の間に決まってしまいました。
田村 グレさん(木暮賢一郎監督)も、この舞台でやってはいけないミスとか、責任を持ったプレーについてはずっと話していたので、そこは自分としても悔しいです。また、チームとしてももっともっとつめていかないといけないと思います。

――すぐにFリーグの戦いに戻りますが、この悔しさは、ここでしか晴らせないものかと思います。
田村 そうですね。また来年、ここに戻ってくるというのが、今の答えだと思うので、ここで得た経験をチームで来れなかった選手とか、(加藤)未渚実とかに伝えて、練習からまたやっていこうと思います。