Fリーグ

【F1】アルトゥールから守備、ヴィニシウスから得点感覚を学んだ“新ミスター・シュライカー”FP田村友貴「40分間死ぬ気で、倒れてでも全力で戦いきって勝ちたい」

[2.23 F1プレーオフ決勝 名古屋 2-3 大阪 オーシャン]
プレーオフ決勝第1戦で、シュライカー大阪は名古屋オーシャンズに3-2で勝利した。本サイトのアンケートでも、8割近くの人が名古屋の優勝に投票するほど、今季レギュラーシーズン無敗だった名古屋が優位と思われているプレーオフで、彼らに今季初の土を付けた。

しかし、その代償は小さくない。チームには先週の立川・府中アスレティックFCとの準決勝の疲労が残っているのに加え、大黒柱のFPアルトゥールも負傷した。1点ビハインドの名古屋が精神的に油断してくるはずもなく、大阪にとってはシュート数が大阪8、名古屋43だった初戦以上に難しい試合になることは確実だ。

この試合、FP田村友貴が重要になるのは間違いない。線が細いながらも、屈強なピヴォとも渡り合え、今季は日本代表FP森岡薫をも上回る16ゴールを記録した。

アルトゥールが不在となることが濃厚で、さらなる活躍が求められる26歳は、自身にとって2度目のリーグタイトル獲得が近づくなか、どのような思いを持っているのか。

以下、プレーオフファイナル第1戦後のFP田村友貴選手のコメント
――明日はアルトゥール不在が濃厚で、役割が多そうですね。
田村 そうですね。でも、今シーズンは何試合かアルトゥールが後半からいなかったり、1試合いなかったこともあったので、チームとしてはいたら嬉しいですが、いなくても戦えることを見せていきたい。同じ環境で、毎日同じように練習してきているので、そこは代わりに出る選手であったり、僕もあいつの時間の分まで、少しでも頑張ってピッチで結果を出したいと思っています。

――今季レギュラーシーズン3連敗だった立川・府中に勝利し、今日も名古屋に勝ちました。大阪がこれだけ機能している要因は何でしょうか?
田村 一つはチアゴが戻ってきて、選手のピースがそろったのが大きいです。僕たちもすごくうれしかったですし。なかなかシーズンの中でベストメンバーがそろわなかったことが多かったですし、それでもリーグで順位が2位でずっと勝ち切れてきたのは大きいです。僕たちはリーグとプレーオフは別の試合だと割り切って、準決勝からできたことはよかったですし、そこでグッと一つになれたのはあります。

――勢いを持って、入ってこれましたよね。
田村 そうですね。

――木暮監督の1年目が、このような戦いをしてきました。11分けなのに優勝できず、レギュレーションに負けたような感じでしたが、当時よりもチームの選手層に不安が残ります。明日に向けてはどんなイメージですか?
田村 もちろん今日の自分たちの攻撃は、もったいない部分がありました。でもまずは自分たちのいつもやっているプレーを自信を持ってやることが一つ。ずっと40分ディフェンスをしていても絶対に勝てないですし、優勝できないとわかっています。そこはミスを恐れないプレーが絶対に必要ですし、僕は後ろから攻撃を組み立てることも明日はもっともっとやらないといけないと思います。とにかく立ち上がり、前半が勝負ですよね。後半はどっちかがパワープレーするかもしれませんが、前半20分で自分たちが主導権を握るゲーム展開。今日のように5ファウルで強くディフェンスにいけないとか、相手に押し込まれる時間帯があると厳しくなるので、まず自分たちのリーグでやってきたことを恐れずに攻撃をやらないと勝てないと思います。

――大阪には前に良い選手がいます。
田村 タイミング等をもう少し合わせて。セットが変わってくることもあるので、もう一回コミュニケーションをとって、合わせていると思います。

――ゴールはチームをラクにすると思います。今季、田村選手はゴールも多かったですが、この変貌ぶりは何が要因ですか?
田村 今まで、すごいホンマに自分が何回も、何回もミスをしても、前の監督も、今の監督も、自分を信じて使ってくれたことが大きいですし、それが今、こういう形で出せているのはあります。

――シュートに関して、よほど普段から意識していないと、ここまで急に点を取れるようになるとは思えないのですが。二桁取れる選手は限られています。
田村 それはもうチームメイトに感謝しかないですね。自分ももちろん意識は高く持っていましたし、昨年までいたヴィニシウスは同じ左利きで、どういうタイミングでシュートを打っているかとか、ずっと見ていました。

――なるほど!
田村 もう一番僕はヴィニシウスがFリーグでシュートがうまいと思っているので。練習からずっと見ていましたし、「今のどうやってシュート打ったの?」って何回も聞きました。そのなかで自分の得意なところ、追い越していく動きプラスあいつのタイミングであったり、そういったところを自分のスタイルに合わせていった結果、今年ハマったかなと思います。あとは、周りに良いピヴォがいますし、(稲田)瑞穂さんであったり、ホリ(堀米将太)でったり、僕が上がったときにしっかりカバーしてくれている。そういう全員の連携があってこそ、僕のゴールが生まれると思うんです。すべてのゴールにおいて。

――素晴らしいコメントですね。
田村 いやいや()。すべてのゴールが自分ひとりで打開してシュートというのではないので。

――そういうタイプではないですよね。
田村 ではないんで。はい。だから、チームメイトの人、同じセットの人に感謝したいです。

――アルトゥールから守備、ヴィニシウスからゴールを学んだ。最高のお手本ですね。
田村 学べる人ばかりでした。ほかにも加藤(未渚実)の11、チアゴのピヴォの動き、学ぶことが、大阪には一つ一つみんな特徴があります。僕はある程度オールラウンドできるんで、良いところだけ盗める。そういう良い環境で練習させてもらっているので、そこはよかったです。

――今季、そのチームメイトたちと戦える試合も少なくなります。このメンバーで戦い、このリーグを獲るのは、成し遂げたいことですね。
田村 それは成し遂げたいですね。ここまで来て、目の前に来て、こんなチャンス何年に一度あるかないかじゃないですか。40分間死ぬ気で、倒れてでも全力で戦いきって勝ちたいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――連戦の疲れがあると思いますが、しっかり休んで出し切ってください。
田村 頑張ります。

関連記事

  1. 【Fリーグ】町田対府中を観戦したブルーノ・ガルシア監督「若手が出…
  2. 【女子FリーグPO】後半に大量失点を喫した丸岡ラック 田中悦博監…
  3. 【PH】ペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台(45枚)
  4. 【Fリーグ】オールスター戦後 FP仁部屋のコメント「毎年、続けら…
  5. 【Fリーグ】西谷不在のすみだが清水の2ゴールなどで仁部屋不在の大…
  6. 【Fリーグ】1G1Aですみだの今季初勝利を演出したFP中田秀人「…
  7. [女子選手権]大会プレビュー 女王・アルコイリス神戸が丸岡ラック…
  8. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号7 FP仁井貴仁(…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。