【全日本女子選手権】初出場3位のユニアオを牽引した大会最年長42歳の元なでしこジャパンFP森本「このチームをどうにか引っ張っていきたい」

taku4349-1500x1126
全日本選手権2大会連続で準優勝の福井丸岡ラック(東海/愛知)を退け、グループDを通過したのは、ユニアオレディース(東海/愛知)だった。日本女子フットサルリーグのプレ大会にも参戦している彼女たちだが、全日本選手権は初出場。予選突破という目標を見事に達成した創設4年目のチームには、頼りになり過ぎるキャプテンがいた。

 

グループステージ最終戦の丸岡ラック戦。3点差を付けたうえでの勝利が必要だった相手は、序盤から猛攻を仕掛けてきた。12分ハーフの前半が、終わろうかとしているとき、CKから最初の失点を許す。後半7分には、さらに2点目も決められた。

 

本来、ボールを保持しながら相手の守備を崩していくスタイルを身上とするユニアオだが、この試合は全員で守備に徹していた。だが、そんな中で、常に一瞬のチャンスを狙っている選手がいた。かつて、サッカーの女子代表(なでしこジャパン)としてプレーし、今大会最年長選手でもあるユニアオのキャプテンFP森本ゆう子である。

 

2点差を付けられた後半9分、カウンターから攻め込むと、丸岡ラックのゴール前でこぼれ球に誰よりも早く反応したのが森本だった。さらに再び2点差とされた直後にも、森本はカウンターのチャンスを逃さず、最前線まで駆け上がって2点目のゴールも奪っている。

 

「いつも東海リーグとかでは、私は後ろでさばく形なのですが、メンバー・オブ・ザ・ギャングからユニアオに移籍してきたとき、ユニアオのパスフットサルに魅了されて移籍してきたんです。『ゴールを目指して、得点してっていうのが最終的に面白い』と思っていました。この大会は12分ハーフということもあるので、自分が前で起点をつくればどうにかなると信じてやってきました。今大会は、それが良い形になって、良かったですね」と、森本は謙虚に振り返る。

taku4950-1500x1126

とはいえ、『ファー詰め』の形で決めた2点目のゴールは、試合終了間際のモノだ。しかも森本は、前後半、計24分のうち、20分以上にわたって出場している。その間、自身の年齢の半分にも満たない若手のキレのあるドリブルに、自陣の低い位置で食らいつき、体を投げ出して守った。「疲労も溜まっていた」と明かす彼女を突き動かしたのは、何だったのか。

 

「疲労も溜まっていたのですが、このチームをどうにか引っ張っていきたいという想いでやっているので、ゴールという形に結びついてよかったです」

 

なでしこジャパンで10のキャップを刻んだ森本、好セーブを連発したGK上杉舞は、サッカーでもLリーグでプレーしたエリートだ。しかし、2人以外に全国大会の出場経験はいないという。

 

「初心者クリニックから上がってきた子とか、サッカー経験のない子や浅い子の方が多いです。うちの監督がポジショニングとかにこだわる方で、そこに魅了されてサッカー上がりのメンバーが加入しましたが、Lリーグでプレーしていたのは、GKと私だけ。それ以外はLリーグ出身者も、チャレンジリーグ出身者もいません。それにしたら、どうにかよく頑張っていますよね?」

 

丸岡ラックとの試合、3失点を喫したものの2失点はセットプレー(CK)からだった。強烈な個の力を持つ相手の攻撃を、流れの中で1失点に抑えることができた。その要因については、今大会前に日本女子フットサルリーグのプレ大会で、丸岡ラックと対戦できていたことが大きかったと明かす。

 

「その試合もこういう悔しい試合(2-3で負け)になったのですが、良い試合をしても、球際でやられていました。そのときの経験があって対策を立てて、今日はどうにか流れの中では対応できていたのですが、セットプレーで2失点したのは課題として残ります。それでも、今日はすごく『負けたくない』という気持ちが出ていたので、内容的には攻められていましたが、初の全国にしては良い戦いをしてくれたなと思いますし、泥臭い試合をしてでも予選突破することを目標にしてやってきたので、よかったです」

 

東海の強豪チームであるメンバー・オブ・ザ・ギャングから移籍して3年目。悲願の全国選手権出場を達成し、4強進出を決めた。準決勝のアルコイリス戦に向けて、森本は「理想とするようなゲーム運びはできませんが、球際で気持ちを出して、今日のような試合ができれば、結果がどうであれ、今後に良い形ができると思います。今大会が自信になれば良いです」と話していた。

 

準決勝では0-6と大敗を喫したが、先に2度の決定機をつくっていたのはユニアオだった。そこで決めることができていたら、試合はまったく違う展開になっていただろう。初の全国の舞台で、しっかりと爪痕を残したユニアオを引っ張った森本は、この4試合で多くのことを同じ女子フットサル選手たちに伝えたはずだ。ユニアオのチームメイトたちだけではなく、対戦した選手たちも、彼女から学ぶべきことは多い。

taku5090-1500x1126