U-20日本代表

【タイランド5s】宇田川雄翔選手 大会総括コメント

タ イランド5sでタイ代表(△2-2)、カザフスタン代表(×0-9)、イラン代表(×2-4)と対戦したフットサル日本代表は、大会を4位で終えた。昨年 10月にクラーク記念国際高からイタリアに渡り、イタリアのセリエBでプロ選手として活躍しているFP宇田川雄翔(CSジシンチ・ピストイア)にとって も、W杯に出場する選手をそろえたフル代表との対戦は、大きな刺激になったようだ。帰国直後の宇田川に、大会を振り返ってもらった。

 

TAKU0533 (1500x1125)

 

以下、帰国後の宇田川雄翔選手コメント
――タイランド5sの3試合を終えて帰国しましたが、どのような感想を持ちましたか?
宇田川 最初はちょっと自分の中でも、オフシーズンだったこともあって、感覚にズレがあり、ミスも出てしまいました。3試合目になって、だいぶ自信も持てましたし、しっかりとプレーを出せたかなと思います。

――初めてプレーする選手が多かったと思います。
宇田川  個人的には、すごく良いチームだなと感じています。技術の部分がみんなしっかりしているので。あとは連携の部分とかは、合宿を通じてとか、経験を積んでい くしかありません。ただ、今回はニブさん(仁部屋和弘)と(皆本)晃さんの2人がいて、頼ってしまった部分が出たと思うので。そこで自分が、その代わり… 代わりじゃないですけど、(U-19日本代表の活動になり)彼ら2人が今後いなくなったときに入っていけるように、これから成長していかないといけないか なと感じています。

――普段、イタリアでプレーしていて外国人選手と最もプレー経験が豊富ですが、W杯に出場するレベルの選手たちとマッチアップする経験はそこまでないと思います。今回、あのレベルの選手たちと対峙していかがでしたか?
宇田川  カザフスタンはやっぱり体が大きくて、イタリアっぽいというか。自分の中ではマッチアップしても、焦りは出ませんでした。やっぱりチームとして、自分が出 ているセットでの失点もありましたし、そこは修正しないといけません。(外国人とのプレーに)慣れているっていうのもあるので、そこで違いを見せられるよ うにならなければいけないと感じました。やっぱりレベルは今回の選手たちの方が上ですからね。セリエBの中でも、うまい人はうまいですが、そうでもない選 手もいますから。これからセリエAに行くような若手や逆にセリエAからセリエBに来るような選手もいますし。

――今回、こうした戦いを経て見えた自身の課題は何ですか?
宇田川  自分の課題…。まずは地力をつけることが絶対に必要だと思っています。それプラス、リーダーシップですね。今はどうしても(清水)和也くんに、そこのリー ダーシップであったり、方向性を示しているのが、彼一人になっているので、ちょっと頼っちゃっているというか、傾いてしまっていると思うので、そこは後ろ の選手が、晃さんがそうだったように、しっかり盛り立てないといけないと感じています。後ろからコントロールできないと、やっぱりチームは強くならないと 思うので、そこができるようにしたいです。今回、イタリアでも新しいチームに移籍しましたし、まずそこで地位を築いて、コントロールできるようになってい けば、代表でも自然とそれができるようになると思います。

――今回は、皆本選手、仁部屋選手がいたことで、アラでプレーすることも多かったですね。
宇田川  そうですね。昔は完全にフィクソでしたが、イタリアでアラに入って、前でのプレスとかを求められます。日本人だし、機動力っていうのは、イタリア人選手よ りもあるので。そこで学んだ部分があって、自分の中ではもちろんフィクソをやりたいというこだわりもありますが、やりようなので。前でフィクソくらい守備 ができるっていうのを示せれば、それだけショートカウンターからチャンスもつくれるので。

――3-1でずっと固定していた昔と違って、今は流動的にプレーすることも多いですからね。
宇田川 そうですね。

TAKU0976 (1500x1125)

――僕が見ていて感じたのは、パンチ力がもう少し欲しいなというところでした。今大会、日本のファーストシュートを打ったように、すごく良い場面に顔を出すものの、シュートが弱くてキャッチされていました。CKが取れるくらいのシュート力が欲しいかなと。
宇田川 ああ。そうですね。個人で打開する力は、僕にはないので。

――全体的に若い選手が多いこともあって、フィジカルの強さが日本に足りないかなと感じました。U-19の世代になっても、イランとかは強靭な選手が出てくるはずです。
宇田川 そうですね。サイズはもう少し大きくしていかないといけないですね。

――これからの予定は?
宇田川 8月27日にイタリアに飛び、9月の頭から合宿です。チームの始動からチームの練習に入って、10月のシーズン開始に準備します。

――弟(宇田川幸輝=現デリッツィア磐田、昨年のU-18日本代表候補合宿に選出された)を含め、これから代表の枠を巡る争いが厳しくなりそうです。
宇田川 そうですね。また招集してもらえるように、イタリアでしっかり力を付けてきたいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

TAKU2887 (1500x1125)

関連記事

  1. 【JFA】ラモス瑠偉がフットサル日本代表経験者として、初の日本サ…
  2. 【U-20アジア選手権】勝利を決定づける2ゴールの清水和也「自分…
  3. 【日本代表】欧州遠征を振り返るFP森岡薫「あらためてもっとうまく…
  4. 【AFC女子選手権】与えられた出場時間で大会初ゴールのFP四井沙…
  5. 本日、デフフットサルの国際試合を国内で初めて開催 日韓戦に向けて…
  6. 【福井丸岡ラック×FutsalX 特別企画】U-18女子日本代表…
  7. 【Fリーグ】大阪の元日本代表FP村上が今季限りで引退 「最後に最…
  8. 【女子代表】前大阪監督の木暮賢一郎氏が女子代表の新監督に就任 「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。